週プレNEWS TOP 連載コラム 語っていいとも! 語っていいとも! 第36回ゲスト・鈴木奈々「ギャルのお友達も出川さんに抱かれたいって言ってます」

連載コラム

語っていいとも! 第36回ゲスト・鈴木奈々「ギャルのお友達も出川さんに抱かれたいって言ってます」

[2017年01月29日]

素っぴんなトークと意外と体育会系?なガチンコでバラエティでもいつも全力な鈴木奈々さん

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』

前回、グラビアアイドルの吉木りささんからご紹介いただいた第36回のゲストはモデル・タレントの鈴木奈々さん。

愛らしい“おばかキャラ”としてTVでも引っ張りだこに。その素っぴんなトークで、時に炎上するお騒がせな一面も…。

今回も飾らない奔放さで、反響を呼んだ旦那の“夜が雑”発言を自ら再現、さらになんと大人のおねしょまでカミングアウトしてくれたがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―でも、ほんとさっき言ってた通り、雑誌の読モになりたいって純粋な夢だけで、芸能人とか有名になりたいというのとは違ったんだ?

鈴木 別にない。だって、TVに出る予定なかったですもん、私の人生の中で。『ポップティーン』に出て、卒業したら結婚しよう…で、子供つくって…みたいな感じだったので。

―でも人気モデル目指して、益若つばさちゃんみたいなカリスマになりたかったなら、みんなにリスペクトされる憧れも当然ね…。

鈴木 なかった! ギャル雑誌のモデルしか夢はなかったから。そこまで求めてない。だから、びっくりしてたし。自分、TV出た!みたいな感じで。

―じゃあ逆に今、こういう立場で有名人になって、これからどうしようとか、人気がなくなったり、お仕事減ったらどうしようとか…そういう恐さを考える人だっているでしょうが、自分は?

鈴木 そういうの、別に考えてないですね。なくなったらなくなったでしょうがないと思うし。だから今、全力でやってます。後悔したくないし。しかも、この芸能界の仕事が一番私にとって幸せな道かもわからないんで。もしかして他の道で、なんかね。

―ある意味、冷静というか客観的。今のこの人生が全てとは限らないと。

鈴木 そういうこと。って、ママにも教えられてるので、うちのお母さんから。だから今、全力を尽くしてやっていれば、自分の一番イイ方向にいくなって思ってるし。

―全力でやり尽くしたら、次に繋がって別の可能性がね。それでまた自分が楽しめれば、誰かに元気を与えられたり、笑ってくれたり…。

鈴木 それが原点かな。元気を与えられるような人間になりたいし、人の幸せを願えるような人間になりたい。って、ママに教えられてるので。結構、お母さんの言うことをなんでも聞く人なんですよ、私。

―それも素直というか、やっぱり純粋なのかな。

鈴木 どうなんだろう、わかんない。でもお母さん、超バカですよ(笑)。私と同じで勉強できないし。


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

週プレ酒場 今日もやってます!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.28 Jul 10th 2017
    • No.27 Jul 3rd 2017
    • No.26 Jun 26th 2017
    • No.25 Jun 19th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.28