週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 「アイルトン・セナを“音”で蘇らせる」“現代の魔法使い”落合陽一×電通クリエーティブ・テクノロジスト・菅野薫

ニュース

「アイルトン・セナを“音”で蘇らせる」“現代の魔法使い”落合陽一×電通クリエーティブ・テクノロジスト・菅野薫

[2017年01月30日]

筑波大学「未来教室」で講義をする落合陽一氏(右)と菅野 薫氏(左)

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開!

Dentsu Lab Tokyoは、電通内でもクリエーティブ部門の研究・企画・開発に特化した新設の部署だ。スタジオの一画には、これまでに獲得したクリエイター垂涎(すいえん)のトロフィーの数々がズラリと並び、ビジネスやエンターテインメントの領域でテクノロジーを使った表現を行なうチームの実力をうかがわせる。

この制作集団の代表を務めるのが、今回のゲスト・菅野 薫(すがの・かおる)だ。彼が関わった最近の作品で最も多くの人の目に触れたのは、“安倍マリオ”でも話題になった、昨年のリオ五輪閉会式だろう。

菅野は東京五輪をプレゼンテーションするフラッグハンドオーバーセレモニー(旗引継ぎ式)のクリエーティブ・ディレクターを務め、全世界へのTV生中継でのAR(拡張現実)表現も含めて、日本のコンテンツ制作力の高さを知らしめた。

そんな菅野がコンテンツの企画と制作を手がけるようになったのは、実はわずか5年前のこと。きっかけは大手自動車メーカー・ホンダから舞い込んだある依頼だった。

* * *

菅野 広告の仕事って、CMの制作以外にもスポーツビジネスの仕事もあり、ライブイベントの仕事もあり、ことのほか広い領域でクリエイターとして関わることができるんです。この業界は裏方的な仕事なので、表立って「誰々が作者だ」と全面に押し出すことは少ないんですが、不思議な職人的な魅力を持った先輩たちがいろいろな場で活躍していたのに憧れて電通に入りました。

入って最初の10年ぐらいはデータ解析のソフトなんかを開発する部署にいたんですが、あるとき、ホンダさんの『インターナビ』という商品の広告をつくるという難しい相談が来ました。

簡単に説明すると、携帯電話のデータ回線を使って日本中のあらゆるインターナビ搭載車の位置情報をリアルタイムで集めて分析し、渋滞回避に役立てたりするサービスなんですが、なかなかその機能や利便性をちゃんと理解した上で表現案を考えるのが複雑で難しい。それで、「所属はどうでもいいから、とにかくこのシステムがわかるヤツを連れて来て欲しい!」ということで連れて行かれたのが、当時クリエーティブ部門でもなんでもなかった僕です。

先方にお邪魔したら、開発したエンジニアの方々が嬉々として、システムと膨大なデータを見せてくれるんですよ。「毎秒毎秒、こうやって集まってくるんですよ、すごいでしょ!」みたいなノリで。

そういう感じなので、企画書での堅いプレゼンとかにしないで、簡単なデモソフトをつくってみせて議論するやり方にしたんです。日本地図にすべてのインターナビ搭載車の位置をプロットして、リアルタイムに光の点が動いていくようなデモ。「へたにコピー書いたり、たとえ話をするより、インターナビのデータをそのまま見せたほうがいいんじゃないですか?」と。パワポで議論せず、すぐアプリでつくっちゃうところが、すごく気に入ってもらえて、そのまま成り行きで、おまえがクリエーティブ・ディレクターやれ、と言われて。


馬場ふみかカレンダー

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.32 Aug 7th 2017
    • No.31 Jul 31st 2017
    • No.30 Jul 24th 2017
    • No.29 Jul 17th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小倉優香、いま日本で一番水着が似合う女の子!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.32