週プレNEWS TOP ニュース 社会 カリビアンコムに無修正動画を配信して逮捕。「海外サーバーなら合法」説はもはや通用しない?

ニュース

カリビアンコムに無修正動画を配信して逮捕。「海外サーバーなら合法」説はもはや通用しない?

[2017年02月01日]

NEW

1月11日、『カリビアンコム』に無修正動画を配信していたとして摘発されたAV制作会社・ピエロが入居している練馬区のファミリーマンション

1月11日、海外アダルトサイト『カリビアンコム』に無修正のわいせつ動画を配信し、制作会社・ピエロが摘発された事件。台湾出身の社長(67歳)ら6人が逮捕された(わいせつ電磁的記録媒体送信頒布罪)。

『カリビアンコム』といえば、2001年に動画配信サービスを開始した老舗サイトで日本人作品が多く、有名女優の無修正動画も視聴できるとあって人気を博していた。

ピエロは自社制作した動画を配信していたが、報道によると、年間300本ほど制作し、台湾の別会社を経由して『カリビアンコム』に裏動画を納品。昨年までの9年間で約14億円を売り上げていたとされる。

そもそも一体、どんな制作会社だったのか? 事務所は東京・練馬区のマンションの一室にあり、近隣の不動産会社によると1997年築造の5階建てで、同社が入居しているのは16畳の広いリビングを備える66平米の1LDK。家賃は月約18万円と、このエリアの相場より「かなり高め」の部屋だ。

だが、ここは恐らく撮影場所ではない。「オーナーが厳しい方で、お子さんがいるファミリー世帯の入居が多い中、不特定多数の人(女優や撮影スタッフ)が出入りする状況があると退去させられるはず」(不動産会社)。動画の保管・編集の拠点として使われていた可能性が高い。

今もネット上で公開されている同社のHPには、アダルトDVDの作品が多数掲載されていた。過去の人気女優の出演作を「新基準モザイクでよみがえらせた」という『DECADE』シリーズはピエロの主力商品。白石ひとみ、桜樹ルイ、卑弥呼、樹マリ子、田中露央沙、流星ラムらが出演する100本以上の作品がサイト上に並んでいた。モザイクありの表の作品を制作する傍ら、海外サイト向けの裏動画を作っていたということになる。

さて、ここからが本題だが、こうした事件が起きるたびに議論の的となるのが“海外サーバー合法説”である。無修正動画を扱っていても海外サーバーを経由すればOK。今も閲覧できる状態になっている『カリビアンコム』にもこんな記述があった。

『当サイトはアメリカ西海岸でサイト管理、運営の全てを行っており、海外にサーバーを設置することにより、サーバーが設置されている国・地域の法律(カリフォルニア州法)が適用され、日本国内でも合法的に無修正の動画の配信を行っています』

同じ理屈で、『FC2』や『XVIDEОS』『TokyoPornTube』『マスタベ』といった有名無修正サイトが今も見放題の状態となっているのが現状である。

そこに無修正動画を供給していた制作会社を摘発しておいて、サイト本体を野放しにしている状況は筋が通らないんじゃ…? 元AV監督で現在はフリーライターとして活動する荒井禎雄氏がこう説明する。

「日本の刑法は属地主義を採用していて、同法1条1項に処罰の対象となるのは『日本国内において罪を犯した者』と記されています。『カリビアンコム』は端から日本人向けの無修正動画を提供していた会社ですが、この法律があるために日本の警察は運営会社に手を出せず、違法なサイトが放置されたままになっているのが現状です」


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】こんな浅川見たことない! 浅川梨奈の最高傑作!

もっと見る

Back Number

  • No.15 Apr 10th 2017
  • No.14 Apr 3rd 2017
  • No.13 Mar 27th 2017
  • No.12 Mar 20th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊NEW YEAR2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.15