週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 セルジオ越後が偲ぶ“Jリーグをつくった男”木之本興三「その功績はもっと讃えられるべきだ」

連載コラム

セルジオ越後が偲ぶ“Jリーグをつくった男”木之本興三「その功績はもっと讃えられるべきだ」

[2017年02月02日]

日本サッカーの発展は木之本興三氏の存在なくしてありえなかったと語るセルジオ越後氏

当たり前のようにプロリーグが存在し、W杯には5大会連続で出場中。そんな日本サッカーの発展は彼の存在なくしてありえなかった。今は胸にポッカリと大きな穴があいた気持ちだ。

1980年代に日本サッカーのプロ化に奔走し、93年に始まったJリーグの創設に大きな貢献をされた木之本興三(きのもと・こうぞう)元Jリーグ専務理事が亡くなられた(享年68歳)。木之本さんは古河電工在籍時の26歳で難病にかかり、腎臓を摘出。以降、週3回の人工透析が必要な体となり、選手としての道を絶たれたわけだけど、そこからが彼の本領発揮だった。

80年代、日本サッカーはW杯にまだ出たことがなく、五輪の舞台からも遠ざかっていた。一方、お隣の韓国は83年にプロリーグが誕生し、86年には8大会ぶりのW杯出場を決めていた。そこで「代表チームを強くするには日本もプロ化しないとダメだ」と立ち上がったのが木之本さんだ。

当時の日本サッカー協会には「まだ早い」「失敗したらどうする」という反対の声が多かった。川淵(三郎)さん(Jリーグ初代チェアマン)も当初は乗り気じゃなかったそうだ。それでも木之本さんは粘り強く説得を続け、プロ化にこぎ着けた。

その後はJリーグ幹部や関連会社の社長を歴任。2002年日韓W杯では日本代表の団長を務めた。他の協会関係者が手に負えないと近寄らなかったトルシエ監督(当時)とは、時に怒鳴り合いになりながらもコミュニケーションを取り、信頼を得た。泥くさい仕事も厭(いと)わない人だった。

そんな木之本さんと僕の出会いはJリーグが開幕して間もない頃。当時から僕は“辛口”と言われていて、木之本さんもあまりいい印象を持っていなかったようだ。知人を介して初めて食事をした際には、いきなり「うるさいヤツだと評判ですよ」と言われた。でも、そこでゆっくりと話をしたら「そこまで日本のサッカーのことを考えてくれているんですか」とホメてくれた。あれは嬉しかったね。


馬場ふみかカレンダー

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.32 Aug 7th 2017
    • No.31 Jul 31st 2017
    • No.30 Jul 24th 2017
    • No.29 Jul 17th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小倉優香、いま日本で一番水着が似合う女の子!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.32