週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 「“キンケシ”がなぜあの両腕を開いたポーズなのか…」伝説の原型師Ⅱ世が原作者と初対面で明かす制作秘話

ニュース

「“キンケシ”がなぜあの両腕を開いたポーズなのか…」伝説の原型師Ⅱ世が原作者と初対面で明かす制作秘話

[2017年02月06日]

嶋田 それは本当に大変だったでしょうね。そもそも僕らも当時は、上から見たらどうなってるとか、超人によってはあまり考えずに描いてたのもありましたから…。

廣田 ええ、苦労してたようです(笑)。

嶋田 でも、そうしてたくさん試行錯誤された結果なのかもしれませんけど、キンケシの造形って僕は本当にすごいと思うんですよ。あんなにシンプルなポーズなのに、超人の力強さを感じるし、よくキン肉マンの特徴をとらえてると思いました。だから、あんなに人気が出たんでしょうし。

廣田 先生直々にそうおっしゃってもらえると嬉しいです。帰って父に伝えます!

嶋田 はい、是非お伝えください! 最初にも言ったように、実はお父さんには一度、TV番組の企画でお会いしたことがあって、その時に聞いて感動したのは、キンケシって全部で何百種とありますけど、原型は一日一種作るのが精いっぱいだと。

それだけ大変な作業だけど、それを楽しみに待ってる子供たちがたくさんいるから、その笑顔を想像したらまた頑張れるって。そう聞いて「そうか、たくさんあるけどその一体一体にそこまで魂込めて作ってくれてたんだな」って改めて感動したんですよね。

廣田 自分の仕事を待ってくれてる人がいるから、というのはそれを継いでる私も同じで励みになります。それにキンケシの大半がなぜあの両腕を開いたポーズなのか、というのも実はそこが少し関係していて、そこは親父は何か言ってましたか?

嶋田 いえ、特には聞いてません。

廣田 子供って遊び方が激しいから、強く引っ張ったりぶつけあったりするじゃないですか。

嶋田 はい、しますね。

廣田 だから、すぐに壊れないようある程度の強度を保つことも考えると、成型後に一発でカタヌキできるこの形が理想なんだということだそうです。

嶋田 へぇ、なるほど~。そこまで買い手のことを考えて作ってらっしゃったんですね。

廣田 でも逆に、私が先生から親父の話を伺ってちょっと驚いたのは、一日一種って改めて考えると、相当早いペースだと思いました。

嶋田 そうなんですか、普通はどれくらいかかるものなんですか?

廣田 そうですね。造形の複雑さによって変わってはきますけど、モノによってはキンケシサイズでも1週間くらいかかります。

●後編⇒“キンケシ”新シリーズ復活で伝説の原型師Ⅱ世と原作者が初対談「キン肉星の国宝に指定したい!」

 

1969年生まれ東京都出身生まれ。父が生み出したフィギュア原型に囲まれて育ち、自らも父と同 じ原型師の道へ。「ガンダムイマ ジネーションシリーズ」「超造型魂キン肉マンシリーズ」なども手掛ける

廣田敬厚ひろた・ひろあつ) 1969年生まれ、東京都出身。父が生み出したフィギュア原型に囲まれて育ち、自らも父と同じ原型師の道へ。「ガンダムイマジネーションシリーズ」「超造型魂キン肉マンシリーズ」なども手掛ける

※発売中の「週刊プレイボーイ』8号では、平成29(肉)年スペシャル特集として『キン肉マン』の珍グッズやフィギュアを一挙紹介!

(取材・文/山下貴弘 撮影/鈴木大喜 キンケシクレジット/(c)ゆでたまご・東映アニメーション)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018