週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 ファッション界に新風を巻き起こす大反響ブロガーの「MB流」失敗しない“オシャレ公式”とは?

連載コラム

ファッション界に新風を巻き起こす大反響ブロガーの「MB流」失敗しない“オシャレ公式”とは?

[2017年02月08日]

―うぉーっ、絶対ですか!?

MB 絶対です(笑)! あと洋服を選ぶ時って、痩せて見せたいとか、顔を小さく見せたいとか、誰でも体型のコンプレックスを隠したいものだと思うんです。なので、それらを解消するテクニックも書きました。これも効果絶大です。

ナオイ1

左がビフォア。右がコーディネート後。スラリと細身で脚長になり、グンとあか抜けて見える!(コーディネートの詳細は次ページ)

―う~ん、ものすごい自信! ただそれほど確実にオシャレができると言いながらも、タイトルに「ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいく」とある通り、選ばれているアイテムは安価な、いわゆるファストファッションばかりですね。大丈夫なんですか?

MB もちろん。今ってファストファッションのレベルがすごく上がっていますから。企画して3週間で店頭に出すH&MやZARA。サンプルを何十回も作るほど開発に手間をかけるユニクロ。トレンドものからスタンダードまで全部、ファストファッションでまかなえるんです。

しかも規模が拡大した分、単価に跳ね返っていて、ブランドもので1万円するものがユニクロなら千円台で買えちゃう。もうブランドにこだわる必要はありません。もちろんブランドものがダメってわけではないですけどね。

―中には高い商品も紹介されていますね。

MB 僕が提案してるのはあくまで着こなしであって、ファストファッションそのものではないですから。靴やインディゴデニム等、アイテムによってはお金をかけたほうがいいものだってあるんです。

それに男のコは一張羅が好きで、ユニクロもいいけど、ひとつやふたつは高いものにこだわりたいと思うものでしょ。だからあえてファストファッションだけに限定せず、服の面白み、奥深さも知ってほしいという気持ちで書きました。

―今回、実際にコーディネートをしてもらいましたけど、最も意識したことはなんでしょう?

MB 「ドレス」と「カジュアル」のバランスですね。「ドレス」は気を張ったスタイル、「カジュアル」は気を抜いたスタイルという意味。100%ドレスだとスーツ、100%カジュアルだとパジャマや部屋着になります。

長身でガッチリ体型の欧米人ならドレスとカジュアルの中間でも成立しますが、童顔で胴長短足の日本人はカジュアルに寄ると思い切り子供っぽくなってしまう。なので、日本人はドレス:カジュアル=7:3の比率でコーディネートを組むと、大人っぽくて、オシャレに見えますね。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20