週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第135回「セドナでパワーをビンビン感じてたら噂の“ハートおじさん”に出逢った!」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第135回「セドナでパワーをビンビン感じてたら噂の“ハートおじさん”に出逢った!」

[2017年02月09日]

続いて、男性性のボルテックス「エアーポートメサ」に行くと、そこは小高い丘になっていて360度セドナを見渡せる場所だった。

広い景色に心地よい風がすごく気持ち良くて、少しの間だけ岩の上に座ってゆっくりしてみた。瞑想とかやったことないし、そんなつもりもなかったけれど、ただ静かにぼんやり目の前の景色を見つめていたら、じんわりと涙が出てきました。私自身の波動と共鳴したのだろうか、理由はわからないけど、勝手に体の中からあふれ出したのだ。

ボルテックスで心のデトックスができました。

エアポートメサ

エアポートメサ

スッキリしたところで、ベルの形をした男性性の強いボルテックス「ベルロック」に来ると、今度は何やら自信が湧いてきました。男性性は自分の感情に素直に向かい合うことで、勇気や自信、創造性へとつながっていくんだそう。どうやら私は男性性のボルテックスに反応するようです。

「男らしさ」と思うとつい加山雄三ポーズになってしまうマリーシャ

「男らしさ」と思うと、つい加山雄三ポーズになってしまうマリーシャ

最後に男女両方のエネルギーがあり、最もパワフルだというボルテックス「ボイントンキャニオン」に向かうと、なんと噂のあの人に出逢いました!

その名も、「ハートおじさん」!

セドナの石をハート形に削って この地に訪れる人々に「愛と平和のハートだよ」と配っていることで噂となっているおじさんだ。実はこの時、私はまだおじさんのことを知らず、話しかけられた時は怪しい人だと疑ってしまったのだが、「運が良いと会える」貴重なおじさんだったのだ。

ハートおじさんは私の手のひらにハート型の岩を乗せて、ニコリと笑い静かに去っていった。こんな偶然が起きるなんて、なんてラッキーなんだろう。

ハート型に削られた岩

ハート型に削られた岩

ボイントンキャニオン。人によっては過去世を思い出したりトランスに入る人もいるという

ボイントンキャニオン。人によっては過去世を思い出したりトランスに入る人もいるという

なんだかノってきたぞ。今ならエネルギーを感じやすい体になっているかもと、最後にもう一度、カテドラルロックに向かうと、辺りはもう真っ暗でかなり冷え込んでいた。

深く青い空には星とカセドラルロックの影が浮かび、今度こそはここで宇宙のエネルギーを感じることができたような気がした。

こうしてセドナのパワーをビンビンに感じた私の体はエネルギーでいっぱいになり、再び熱が出てきたのだった。……ハックション!

夜のカセドラルロック

夜のカセドラルロック

【This week’s BLUE】
セドナ名物の青いマクドナルド。景観のために企業を説得してこの色になったそう。アリゾナ州のトルコ石を思わせるターコイズ色が素敵!
マリーシャ135-13

●旅人マリーシャ
平川真梨子。9月8日生まれ。東京出身。レースクイーンやダンサーなどの経験を経て、SサイズモデルとしてTVやwebなどで活動中。バックパックを背負う小さな世界旅行者。オフィシャルブログもチェック! http://ameblo.jp/marysha/ Twitter【marysha98】 instagram【marysha9898】


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27