週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 トランプ政権誕生は日本にチャンス?という「お花畑全開の話」に警鐘。国際社会はそんなに単純ではない!

ニュース

トランプ政権誕生は日本にチャンス?という「お花畑全開の話」に警鐘。国際社会はそんなに単純ではない!

[2017年02月14日]

NEW

「トランプ大統領就任は日本のチャンス」という言説には気をつけようと語るモーリー氏

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソン。個別の政策になると発言内容がブレまくるトランプ大統領。「トランプ政権の誕生は日本のチャンス」という言説に危うさを感じると語る。

* * *

トランプ政権は日本にどんな影響を及ぼすのか?

いろいろな見立てがありますが、日本の一部論客(主に右派)から漏れ聞こえる希望的観測ーー「トランプ大統領の誕生は日本にとってチャンスだ」といった軽々しい言説には危うさを感じます

特に首をかしげざるをえないのが、「中露分断による中国包囲網」というストーリー。トランプ政権とロシア・プーチン政権の急接近で中国とロシアの仲が分断され、アメリカ、ロシア、日本などで中国を包囲するのである、と。…これ、本気で言っているんでしょうか?

あらゆる国益が反するなか、ロシアとアメリカが結託できるという前提もおかしいし、米露の接近が、なぜ中露分断となるのかもわからない。加えて、トランプのおかげで日本とロシアの仲が改善するだとか、これを機に日米同盟を再解釈して自主防衛だ、などと妄想を膨らませている人もいる。こういった言説のベースにあるのは「敵の敵は友」という論理展開なのですが、国際社会はそんなに単純ではありません。どう考えても辻褄(つじつま)が合わない

そもそも、ロシアと中国がこれまで一枚岩だったというのが事実誤認。また、仮にアメリカとロシアが“結託”といえるほど近づくなら、アメリカの他の同盟国が黙っていません。例えば、すでに報道されているレベルの話ですが、米露でインテリジェンスの機微に関わる情報(インテル)が共有されれば、イスラエルのインテルがイランに筒抜けになってしまう危険性がありますし、イギリスの情報機関が独自で行なっている対ロシアの諜報活動が無意味になってしまう可能性もある。

また、トランプ陣営が選挙戦でロシアの“協力”を得ていた可能性や、トランプ個人がロシア当局にスキャンダル情報を握られている可能性も指摘されている。さらに、日本もアメリカも経済面では中国の巨大市場に依存している。こういった多様な視点が、「米露接近→中国包囲網論」では完全に無視されています


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.27 Jul 3rd 2017
  • No.26 Jun 26th 2017
  • No.25 Jun 19th 2017
  • No.24 Jun 12th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.27