週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 疲れている日本人へ『すべての疲労は脳が原因』著者がさらに明かす“自律神経と眠りのメカニズム”

ニュース

疲れている日本人へ『すべての疲労は脳が原因』著者がさらに明かす“自律神経と眠りのメカニズム”

[2017年02月16日]

『すべての疲労は脳が原因』シリーズの著者・梶本修身先生

最新科学が解明した疲労の原因、それは脳だった! そんな研究結果を詳細に解説し大反響となった昨年4月発売の新書『すべての疲労は脳が原因』(集英社刊)。

その好評に応える形で、より実践的な疲労回復方法に踏み込んだシリーズ第2弾『すべての疲労は脳が原因2<超実践編>』が昨年末に発売。2冊とも専門的な内容にも関わらず、計15万部超の大ヒット。慢性的な疲労に悩まされている人の多さが伺える!?

今回、そうした疲れを感じている現代人がどうしたら「疲労を改善できるのか」、また「疲労に関する素朴な疑問」を同シリーズの著者で東京疲労・睡眠クリニックの院長を務める医学博士・梶本修身先生に伺った!

* * *

仕事に集中した後は「精神的に」、スポーツをしたり体を動かしたりすれば「肉体的に」と疲れた様子を表現する。ところが、その根本を突き詰めると、どちらも自律神経の中枢がある脳が疲労の源になっているという。

なぜ、脳が原因なのか? 運動をすれば心拍数や血圧が上がり、呼吸が速く大きくなり体温が上がる。この動きを秒単位で制御しているのが自律神経。そのため、運動が激しくなるほど自律神経が働き、疲れてくる。そんな時に自律神経を酷使するのを避けるべく、脳が体に警報を鳴らすのが「肉体的に疲れた」状況だ。

仕事などデスクワークにおいても同様。集中して同じ作業をし続けることは、緊張を維持するために自律神経、特に交感神経を高める。さらに同じ神経細胞ばかりを使うことで脳のある一定回路に負荷をかけることになる。そこで脳は“この神経細胞を使わないでくれ”と司令を出し、「飽きた~」とのシグナルが出て、それが過ぎると「精神的に疲れた」となるのだ。

その疲れを回復する唯一の方法は「睡眠」だと梶本先生は言う。日中の活動で体内に生じた疲労物質を回復させる物質が充分に分泌されるからだ。また、疲労回復に有効な睡眠のコツも教えてくれた。

「週末は自然に起きるまでゆっくり寝るなどの日があったほうが疲労回復になります。ただ、人間は”寝だめ”という眠りの貯金はできません。週末にたくさん寝ることで、平日の疲れの借金を返しているだけなんです」

この時は朝に遅く起きるよりも、夜に早く寝ていつも通りの時間に起きたほうが生活リズム的にはいいとのこと。

以上のような内容はもちろん、疲労物質の正体や疲労回復に対する実践的アプローチなどが『すべての疲労は脳が原因』シリーズには詳しく書かれている。しかし、最新の研究結果を記した、一見すると難しそうな新書がこれほどヒットする…なんて思ってましたか、梶本先生!

「意外でしたよ(笑)。ただ、ひとつ言えるのは、本を買って読もうと思うほど日本人は疲れている人が多いのかもしれません。購買層は男性が45~50歳、女性は40~45歳が多かったんですが、実は当院を受診される方々とほぼ同じ年齢層。病院へ行くほどでもないけれど、今の疲れをなんとかしたい、と自覚を持つ人がとても多いんだと思います」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017