週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 元フジアナウンサーの長谷川豊が衆院選出馬宣言。維新が公認した“しょーもない理由”とは

ニュース

元フジアナウンサーの長谷川豊が衆院選出馬宣言。維新が公認した“しょーもない理由”とは

[2017年02月17日]

橋下徹氏を失った維新は求心力が急低下。このままでは、次の衆院選でジリ貧になるのは必至だ。(日本維新の会H.Pより)

「アナウンサーには戻れない」

そんな言葉とともに、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(41歳)が「日本維新の会」(以下、維新)の公認候補として、次期衆院選に出馬するとぶち上げたのは2月6日のこと。

長谷川氏といえば、昨年9月、自身のブログに「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くなら、そのまま殺せ!」と過激すぎる書き込みをして大炎上。それにより、TV番組のレギュラーをすべて降ろされ、今は「収入ゼロ」(本人弁)の失業生活を送るハメになったご仁だ。

この騒動から、まだ半年もたっていないのに、突然の出馬宣言。同氏は6日に千葉市内で行なわれた記者会見で「(ブログでの発言を)深く謝罪させていただきたい」と殊勝な様子だった。

全国紙の政治部記者は長谷川氏の出馬について、こう話す。

「国会議員という新たな“食いぶち”を狙う長谷川氏と、悪名とはいえ、その知名度の高さから、あわよくば当選の可能性もあると期待する維新の思惑が一致したということでしょう。実は、長谷川氏が維新から出馬するという情報は1ヵ月以上も前から永田町関係者の間に出回っていました。ただ、まだ十分とはいえない冷却期間で維新が公認を発表するのは意外でしたね」

ほかにも永田町ウオッチャーが首を傾(かし)げたことがある。それは長谷川氏が千葉1区から出馬するという点だ。長谷川氏は千葉県に20年以上も住んでおり、その事実を考えれば千葉1区からの出馬は不自然ではないように思える。だが、前出の全国紙の政治部記者はこう指摘するのだ。

「放送業界から追放される前の長谷川氏は、主に関西をメインにTV出演をしていました。そのため、知名度も首都圏より関西のほうがずっと高いんです。また、関西を地盤にする維新は、このエリアでの選挙にめっぽう強い。本当に当選を狙うなら、維新支持者が明らかに少ない千葉県よりも関西の選挙区から出馬したほうがいい。なのに、なぜ千葉からの出馬なのか?」


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017
    • No.36 Sep 4th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.39&40