週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 『マキバオー』シリーズがついに完結! 作者・つの丸が激白する「本当に描きたかったもの」

ニュース

『マキバオー』シリーズがついに完結! 作者・つの丸が激白する「本当に描きたかったもの」

[2017年02月27日]

「マキバオー」シリーズが完結を迎えた漫画家・つの丸氏

約10年間にわたって、週プレ本誌とWebの週プレNEWSで連載された『たいようのマキバオー』&『たいようのマキバオーW』がついに最終回を迎えた。これをもって『マキバオー』シリーズが完結となる!? その真相は…。

■最も波紋を呼んだあの場面の真意は?

―連載お疲れさまでした!

つの丸 いや~、ホント疲れたよ。連載しているときは、体のいろんなところに不調が出ていたからね。肩は痛いし腱鞘炎(けんしょうえん)だし不眠症だし常に腹痛だし…。毎週の締め切りがなくなって、やっと体調が元に戻ってきました。

―週刊連載はそれだけ過酷ということですね。

つの丸 マンガの作業がしんどすぎるんだよ! だから連載が終わった後、すぐに次の連載を始める人の意味がわからない(笑)。

―もうマキバオーは描かないそうですが…!?

つの丸 描きたいものはすべて描き切ったっていう思いがあるからね。少年誌掲載だった『みどりのマキバオー』では描けなかった部分も、いろいろ描くことができました。

―特に印象に残っているシーンを教えてください。

つの丸 まずは連載初期に、文太(ぶんた・ヒノデマキバオー)が馬房で号泣してるシーン。そもそも『たいよう…』を描き始めたきっかけが、ディープインパクトとハルウララの存在で…。勝ち続ける馬と負け続ける馬が、どちらもヒーローとして扱われる。同じ競走馬なのに「こんなにも住む世界が違うんだ!」という格差を描きたかったんです。

『たいようのマキバオー』3巻27ページより。馬房でひとり号泣する文太。ここから勝利に向けて本当の戦いが始まった。(C)つの丸・スタジオ将軍/集英社・ぴえろ

『たいようのマキバオー』3巻27ページより。馬房でひとり号泣する文太。ここから勝利に向けて本当の戦いが始まった。(C)つの丸・スタジオ将軍/集英社・ぴえろ

―なるほど。

つの丸 負け続ける文太も人気者として扱われるけど、本当はどんな気持ちなのか。負けっぱなしでいいのか…。「負け続ける主人公」というのも、『みどり…』では描けなかったテーマのひとつです。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20