週プレNEWS TOP ニュース スポーツ WBC日本代表、元コーチが明かす「やってはいけない“NG采配”」

ニュース

WBC日本代表、元コーチが明かす「やってはいけない“NG采配”」

[2017年02月28日]

オススメ

小久保裕紀監督率いる侍ジャパン。王座奪還なるか!?

いよいよ開幕が約1週間後に迫った第4回WBC。二刀流の怪物・大谷とメジャー組の投手たちを欠く日本は、総力戦で「最善の戦い方」をするしかない。ふたりの“優勝コーチ”による兵法指南!!

* * *

2大会ぶりの世界王座奪還を目指す、小久保裕紀監督率いる侍ジャパン。メジャー組の投手たちの不参加、大谷翔平(日本ハム)の出場辞退などネガティブな話題が先行したが、ここまできたらもうやるしかない。優勝はどうすれば見えてくるだろうか?

そこで、過去のWBC日本代表でコーチを務め、見事に優勝した経験を持つ武田一浩氏、緒方耕一氏に投打両面にわたり侍ジャパンが勝つためのポイント、および絶対に注意すべき“落とし穴”をチェックしてもらった。

まずは投手部門。2006年の第1回大会での経験を踏まえ、武田氏は勝負のポイントをこう言い切る。

「はっきり言ってしまえば、先発は抑えてくれないとどうしようもないし、崩れたら負けも同然。国際大会は簡単にはひっくり返せないですからね。だから、逆に言えばベンチの采配がより勝敗に直結するのはリリーフ。それも継投のタイミングです

武田氏が特に強調するのは、投手の「タイプ」をベンチが考慮することの重要性だ。

最もやってはいけないのが、普段は先発の投手に、いきなり走者を置いた場面でリリーフさせること。僕は先発もリリーフも両方経験したからよくわかりますが、これは不慣れだと失敗する確率が非常に高いんです。走者を置いた場面では、リリーフ専門の投手を送るーーこれが鉄則中の鉄則。先発タイプをリリーフで使う場合は、必ず走者のいないイニングの頭から投げさせてあげるべきです」

また、先発投手をリリーフで投入した後、2イニング以上投げさせる“回またぎ”も要注意だ。典型的なのが、15年秋の「プレミア12」でリリーフ登板し、2イニング目に打たれた則本昂大(楽天)のケースだという。

「彼は球威があるし、投げっぷりもいいから一見、リリーフもやれそうですよね。でも、ああいう気合いで投げるタイプは、慣れないリリーフで投げると1イニング抑えたところで気が抜けてしまいがちです。これは投手の特性の問題ですから、適材適所で使うべしということです」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10