週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 餃子、麺類、スイーツ…“冷食おばさん”が選ぶ「マジでうまいイチ押し冷凍食品」

ニュース

餃子、麺類、スイーツ…“冷食おばさん”が選ぶ「マジでうまいイチ押し冷凍食品」

[2017年03月02日]

山本さんがオススメするコスパ最強の組み合わせ。日清のどん兵衛鴨だしそば(日清食品冷凍118円)+にぎっ太鶏ごぼうふっくらおにぎり(日清食品冷凍98円)

スーパーでの半額セールなど、味よりも安さがウリになりがちな冷凍食品。ところが、最近はより味にこだわった商品が次々に登場し、注目を浴びている。

前編記事に続き、そんな冷食業界の最新事情、そしてイチ押し商品を、冷凍食品に人生を捧げる“冷食おばさん”こと山本純子さんに聞いた!

* * *

近年はより味にこだわった食卓向けの商品も増えているという冷凍食品。そのこだわりの一例として、山本さんが例に挙げた商品が、スーパーでよく見かける冷凍のさぬきうどん。

「さぬきうどんの独特なコシを解凍しても再現する急速凍結機械の性能が格段に上がっています。10年ほど前あたりから設備の更新時期となり、新型凍結機が導入されたことにより、うどんを凍結するのに40分かけていたのが、今では10分と大きく短縮されました」(山本さん)

その急速凍結技術の進歩は、具体的にどんな味の変化をもたらす?

「当然、よりおいしく品質も高くなっています。うどんは電子レンジで簡単に、おいしく解凍できるようになって、夏場でも売れるようになりました。そもそも急速凍結は、細胞レベルの組織を傷つけず、味や食感だけでなく栄養もほとんどそのまま保存する技術です。

さらに言えば、冷食は食品を腐敗させる菌が活動できないマイナス18℃以下で保管・流通しているので保存料は不要。長期間保存できるので、『何か健康に悪いものが入っているのでは?』と思う方も少なからずいますが、それは誤解。むしろ長期間ストック可能なのに、味もおいしく、栄養も十分という便利なものです」(山本さん)

日本の冷食がそんなに進化していたとは!

ということで、前編の【から揚げ部門】【チャーハン部門】に続き、自らもほぼ毎日、冷凍食品を食べているという山本さんのオススメ商品(男向け!)を部門ごとに聞いた。いずれも手軽な価格帯ながら味は確かなので、ぜひ実食してほしい。

「オススメした商品は、ピカールのように食卓を飾るにふさわしいおかず系冷食ばかりです。また、各メーカーとも今後は男性向けの商品も開発し、新たなマーケットを開拓する方針。冷凍庫にストックしておけば腐る心配もなく、結果としてコスパも良いというメリットもある。たいていの外食より安上がりで、調理の手間もほぼかからない。ひとり暮らしでコンビニ弁当や外食ばかりというような忙しい男性にこそ、冷食はオススメなんですよ」(山本さん)

とりあえず、スーパーの冷食コーナーへGoだ!


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018