週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 古賀茂明が批判!「2030年に原発ゼロ」を打ち出せない民進党はもう終わりだ!

ニュース

古賀茂明が批判!「2030年に原発ゼロ」を打ち出せない民進党はもう終わりだ!

[2017年03月04日]

「次の党大会で蓮舫代表が『2030年原発ゼロ』を方針化できないようなら、民進党はもう終わりだ」と批判する古賀茂明氏

民進党の蓮舫(れんほう)代表は、3月12日に控えた党大会で、原発ゼロ達成の時期について具体的に表明しない方針を固めた。

そんな民進党を、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、「あまりにもだらしない」と批判する。

* * *
旧民主党の野党転落から4年。さっぱり支持率の上がらない民進党に、天からの贈り物が届いた。森友学園スキャンダルがそれだ。急に元気づいた民進党議員の嬉しそうな顔が連日テレビに映し出される。

しかし、この騒ぎで同党の本当の悩みが解消されることはなさそうだ。

民進党は3月12日に党大会を控えている。そこで蓮舫代表が安倍政権との対立軸にしようと、原発ゼロ達成の時期を「2030年代」から「2030年」にするという方針を打ち出すと宣言した。と言っても、「30年代」を「30年」にするだけだから、大した話ではない。

仮にそう決まったとしても、党首討論をやれば、安倍総理から、「30年まで原発を動かすと宣言してくれて嬉しい。一緒に原発再稼働を進めて行きましょう」などとからかわれても仕方ないような内容である。この程度の話だから、まあ、今回はまとめるのだろうと思っていたら、とんでもない結論になってしまった。3月12日まで2週間も残した2月27日、蓮舫代表は、事実上、「30年」への前倒しを断念してしまったのだ。

理由は民進党最大の支持母体である日本労働組合総連合会(以下、連合)が、この方針に激しく反対したからだ。電力労組や鉄鋼、重工などの基幹労連を抱える連合はもともと、原発ゼロの政策には慎重だった。実現すると、原発関連の仕事がなくなり、組合員が職を失いかねないからだ。

民進党には、選挙は〝連合頼み″という議員が少なくない。最大の票田というだけでなく、選挙時には傘下の労組組合員が候補の手足となって選挙戦を支えている。そのため、「2030年原発ゼロ」に賛成すると連合の不興を買い、次の選挙で協力してもらえなくなると恐れる議員らが、次々と「反蓮舫」に回り、あっという間に包囲網が構築されてしまったのだ。

しかし、ここではっきり言おう。民進党はあまりにもだらしない。福島第一原発事故から6年がたち、その風化が懸念される今でも、原発の再稼働に慎重な国民は世論調査で常に半数を超える。原発再稼動へとひた走る安倍政権から政権を奪い返すつもりなら、今すぐにでも「原発即時ゼロ」の公約を掲げ、真っ向から戦う覚悟を示すべきなのだ。

だが、実際には従来の公約から最大で9年間前倒しするだけの、「2030年ゼロ」公約すら断念してしまった。こんな政党に、政権を任せたいと考える有権者はいないだろう。


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017
    • No.36 Sep 4th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.39&40