週プレNEWS TOP 連載コラム 即買いガジェット 80年代を代表するあのロボットアニメの名シーンをフィギュアで忠実に再現!

連載コラム

80年代を代表するあのロボットアニメの名シーンをフィギュアで忠実に再現!

[2017年03月06日]

80年代を代表する『太陽の牙ダグラム』のフォルム、装備と細部まで再現!

1981年から83年まで、全75話で放映されたロボットアニメ『太陽の牙ダグラム』。

それまでのロボットアニメとは違い、ミリタリーテイストが強めで、独立戦争をテーマにした骨太なストーリーは、当時の子供たちだけでなく、大人からも支持された異色作となっている。

そんなリアルロボットアニメの主役機となるのが、ダグラムだ。原作でのデザインを手がけたのは、メカニックデザイン界の大御所・大河原邦男さん。

ミリタリーテイスト強めな作風なだけに、ドロをはじめとする汚れ、そして戦闘でのダメージが似合うリアルロボットかと!

★ターボザック、ミサイルポッドも付属!!
HI-METAL Rダグラム
バンダイ/1万3824円(税込)
全長約160mmの手のひらサイズのボディに、劇中のシーンを再現できる可動ギミックを搭載。ボディ全体に各種マーキングが施された武骨でリアルなフォルムは、ダグラムならではの迫力です!

ガジェット2
【左】コックピット部分も忠実に再現され、主人公でパイロットのクリン・カシムも鎮座。別パターンのクリン・フィギュアも付属。【右】ストーリーが進むにつれ装備が追加されていったダグラム。フィギュアも各種装備が充実。

★ダグラムを象徴するこのポージングもOK!ガジェット3
『太陽の牙ダグラム』の第1話に登場し、各種ビジュアルイメージでもおなじみの通称“朽ちたダグラム“も、この再現度!

(C)サンライズ

(取材・文/直井裕太)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 9th 2O18 no.28
  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27