週プレNEWS TOP ニュース 社会 小島慶子のそこじゃない! 東日本大震災から6年…「普通の暮らし」とはなんなのか

ニュース

小島慶子のそこじゃない! 東日本大震災から6年…「普通の暮らし」とはなんなのか

[2017年03月08日]

家や家族を失った人が日々感じている気持ちはわかりません

津波によって一度は瓦礫と化した町だったが、あれから6年がたち、整地された土地には新しい住宅も建ち始めている。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む!

* * *

あれから6年。「絆」の大合唱は遠くなり、福島第一原発事故から自主避難して転校した子供たちへのいじめが問題となっています。

あの日、破壊された街を映し出すTV画面を見つめて「どうか一日でも早く復興しますように」と祈った人はたくさんいたはずです。私もそうでした。被災した子供たちへの寄付などを私なりに続けてきましたが、家や家族を失った人が日々感じている気持ちはわかりません。

「普通の暮らし」って、なんでしょうか。私たちの日常は、無駄なものであふれています。生きるためにどうしても必要なものさえあればいいのではなく、より快適に、より楽しく、ささやかでも自分のお気に入りに囲まれた、居心地のいい場所が欲しい。それは誰にでもある、ごく普通の願いです。あなたの部屋も、そんなものだらけでしょう。

しかし、人は無意識に、目に見えてわかりやすい被害や、わかりやすい被災者像を求めてしまいます。時には、彼らが自分と同じように無駄なものに囲まれた日常を手にすることさえ、贅沢(ぜいたく)だと決めつけてしまう。復興とは、普通とは、絵にならないもの。6年はまだ道半ばなのです。

●小島慶子(Kojima Keiko)
タレント、エッセイスト。東日本大震災当日は、東京のラジオのスタジオにいた。ビルの9階で揺れが激しかったため、テーブルにつかまり、床に膝立ちでリスナーに身を守るよう呼びかけた。以来、高層階が苦手


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18