週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 『南国少年パプワくん』の柴田亜美が漫画家引退…49歳の人生で“史上最強ボディ”を得た美容サロンに専念!?

連載コラム

『南国少年パプワくん』の柴田亜美が漫画家引退…49歳の人生で“史上最強ボディ”を得た美容サロンに専念!?

[2017年03月08日]

人気

柴田亜美先生のプライベートサロンで先生の成功体験をもとにしたマッサージを体験!

デビュー漫画『南国少年パプワくん』のTVアニメ化で大ブレイクした、漫画家の柴田亜美先生が昨年末にプライベートサロン『ボディオートクチュールami』を開店! 

激太りからダイエットジプシーとなった自身の経験を経て、ついにたどり着いた成功体験をもとに、身体を根本から変えていくマッサージを施術する場だという。

49歳で“人生で史上最強ボディ”を手にした柴田先生のプライベートサロンで、週プレ編集部がその手技を実体験する!

* * *

前編記事「その“勘違いボディメイク”遍歴とは…?」で、食事と筋トレで最高56kgから14kgの減量に成功したと教えてくれた柴田先生。ところが、その頃より現在のほうがナイスバディに。なぜなのか?

―食事で7kg痩せて筋トレに夢中になったことが、なぜナイスバディに直結しなかったんでしょう?

柴田 身体のバランスが悪いまま筋トレをしていたからです。マシンを使った筋トレを続けると重さを上げられるようになるから、パーソナルトレーナーはどんどん負荷を重くしていきますよね。ところが、気づいたら私の背中の筋肉は、左右つき方が違っていたんです。

柴田亜美3

左から42歳、46歳、49歳の柴田先生

―どういうことなんでしょう?

小林(『ボディオートクチュールami』のボディセラピスト) 元々の身体のバランスが悪いので、筋肉のつき方がアンバランスで片方だけ盛り上がってしまったんです。

柴田 そのことに気づいたのが、彼の施術を受けた昨年6月頃。食事と運動でダイエットをしてきた私に、マッサージの重要性を教えてくれたんですよね。身体を労(いたわ)らないといけないと。それに、昨今は健康寿命が短くなっているのに寿命だけ長くなってるでしょ? 身体が悪くなって長生きするのって…年齢的にも怖くなって。

だからこそ身体を任せるなら腕利きの人でなければ危ない、と。マッサージやエステ、トレーニングは受ける側も知識を持っていないといけないと心底思いましたね。

―だから先週の「正しい知識を広めたい」につながるんですね。

柴田 それも男性に広めたいなと思っているんです。女性は何かとメンテナンスしてますけど、男性は何もしないから身体が疲れている人が多いじゃないですか。特に漫画家(笑)。「そんなに腰痛が酷いのに何もしないの?」と思うんです。

長く仕事を続けるためにはメンテナンスをしないといけない。何もしないってことは、自分で自分が仕事をできる時間を短くしているんですよ。正しい知識をもって身体をメンテナンスする人が増えないと、将来日本人はヨボヨボ、寝たきりの人が多くなっちゃう!


馬場ふみかカレンダーブック2018 予約受付中!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • August 7th, 2017
  • No.33 Aug 14th 2017
  • No.32 Aug 7th 2017
  • No.31 Jul 31st 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】わちみなみ、Hカップ現役JDアイドル

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017

メルマガ会員&アンケート 2017年No.34&35