週プレNEWS TOP ニュース レジャー リヤカーを引っ張って、地球一周分以上を踏破した61歳の冒険家・永瀬忠志 「住民に会っても、走って逃げられることが多い(笑)」

ニュース

リヤカーを引っ張って、地球一周分以上を踏破した61歳の冒険家・永瀬忠志 「住民に会っても、走って逃げられることが多い(笑)」

[2017年03月09日]

その旅のスタイルから“リヤカーマン”と呼ばれる永瀬忠志さん。これまでに歩いた総距離は4万7千km以上。2005年に植村直己冒険賞受賞

『クレイジージャーニー』に出演して一躍有名になった“リヤカーマン”こと永瀬忠志さん。現在61歳で、2005年には創造的な勇気ある行動をした人に贈られる植村直己冒険賞を受賞している冒険家だ。

リヤカーを引きながら徒歩で旅を続け、19歳で日本縦断。22歳からは世界へ飛び出しオーストラリア大陸横断(4200km)、33歳でアフリカ大陸~サハラ砂漠横断(1万1100km:フルマラソン225回分!)、48歳で南アメリカ大陸縦断(8800km)など、これまで歩いた総距離は4万7千km以上と、実に地球一周分以上!

そんなレジェンドと、週プレNEWSの連載でもお馴染み、3年前からバックパッカーとして世界一周を続けているマリーシャが一時帰国したタイミングで対談が実現! 旅の極意を指南していただこうと女子目線で質問をぶつけたところ、リヤカーマンのピュアでハードな美学が浮き彫りになったのであった…!

マリーシャ (著書『リヤカーマンって知ってるかい?』の表紙を見ながら)唐突ですけど、リヤカーって、このワンサイズだけなんですか?

永瀬 いえ、これは大型のほうで、今は「田吾作4号」を使っています。

マリーシャ 田吾作? それって名前ですか?

永瀬 はい(笑)。19歳の時に日本縦断した時のリヤカーには「大左ェ門」と名付けました。『いなかっぺ大将』の主人公の名前で、リヤカーを引いて歩くのも田舎っぽいし自分も農村の出身だしピッタリだなと。それは農家の人から中古を買ったのですが、オーストラリアを横断した2台目は新車を買い「田吾作」と名付けました。3台目はもう何も思いつかなかったので「田吾作2号」(笑)。今は4号まできました。あとは小型の「田吾作ジュニア」があります。

マリーシャ 旅は大変なのに、割と適当に名付けるんですね(笑)。ジュニアはどれぐらいの大きさですか?

永瀬 車椅子を畳んだぐらいの大きさになる折り畳み式リヤカーで、そのまま空港で預けられる大きさです。モンゴルに行こうと思って、小さいものを探していた時にホームセンターで見つけたんですよ。

マリーシャ リヤカーを売ってると思わずチェックしちゃうんですね(笑)。

永瀬 見ちゃいますね(笑)。ジュニアはモンゴルで1号が、タクラマカン砂漠で2号が壊れちゃって、今は3号を使っています。

マリーシャ 洋服は何着持って行くんですか?

永瀬 アフリカでは約1年歩いたんですけど、ズボンは3着、シャツは5枚、靴は10足用意しました。

マリーシャ やっぱり靴が多いんですね!

永瀬 靴によっては2千kmぐらいで穴が開いたり4800kmぐらい歩いても問題なかったり、見た目は同じなんだけど履いてみなきゃわかんないですね。同じ種類の靴だと同じぐらいで穴が開くんで「あと400kmぐらいかな」ってわかります。その時は大体1足2800kmで、最後に着いた時は5足目の靴を履いていました。


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】こんな浅川見たことない! 浅川梨奈の最高傑作!

もっと見る

Back Number

  • No.14 Apr 3rd 2017
  • No.13 Mar 27th 2017
  • No.12 Mar 20th 2017
  • No.11 Mar 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊NEW YEAR2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.14