週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 20年のジョッキー生活にピリオド。武幸四郎が考える次の人生設計とは

ニュース

20年のジョッキー生活にピリオド。武幸四郎が考える次の人生設計とは

[2017年03月10日]

20年の騎手人生でJRA通算9121戦693勝。騎手としては長身の173cm。セレモニーで騎手仲間に胴上げされ宙を舞う幸四郎

本命、穴馬かき分け、コーシローは走った。1997年3月、デビュー翌日のマイラーズカップで11番人気のオースミタイクーンに騎乗。初勝利が重賞だった。

GⅠ初勝利となった2000年の秋華賞、ティコティコタックは10番人気。03年のNHKマイルカップ、ウィンクリューガーは9番人気。6度勝ったGⅠで1番人気だったことは一度もない。

2月26日に行なわれたセレモニーで幸四郎は、「最高の形で騎手人生を終えられました」と語った。親交の深いターフライターの平松さとし氏は言う。

「兄・豊のみならず、父・邦彦氏も“ターフの魔術師”と呼ばれた名騎手。騎手の世界に飛び込むのは、並の覚悟ではなかったでしょう。以前、ポツリと『日本人が誰もいない競馬場で乗ってみたい』と言ったのが印象的でした。陽気で人懐っこい性格。調教師になっても応援してくれる人は多いはずです」

幸四郎は、来年以降の厩舎開業を予定している。コメントを求められた兄は、「みんな期待しているだろうから、幸四郎厩舎の馬に乗ってみたいと言っておきます。乗せてくれればの話だけど」とおどけてみせた。

(写真/山根英一/アフロ)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27