週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 日本のメディアではトランプ関連報道の「深刻さが伝わらず、誤解だけが生まれる」

ニュース

日本のメディアではトランプ関連報道の「深刻さが伝わらず、誤解だけが生まれる」

[2017年03月13日]

日本の多くの報道では、本当の意味でのトランプ政権の深刻さが伝わらず誤解だけを生んでしまうと語るモーリー氏

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが日本のマスメディアが報道するトランプ大統領についてのもどかしさを語る。

* * *

もどかしいーー。米トランプ大統領に関する日本のマスメディアの報道を見るにつけ、そんな思いが募ります。

例えば2月1日、カリフォルニア大学(以下、UC)バークレー校でトランプを支持する識者に対する大規模な抗議デモが発生し、一部が暴徒化した件。朝日新聞デジタルは同月3日に【反トランプデモが暴徒化、米大学閉鎖 講演会場に花火も】との見出しで、次のように伝えています。

〈(前略)トランプ大統領を支持する英国人コメンテーターが講演することに反対する若者たちのデモが暴徒化し、大学が閉鎖された。(中略)講演する予定だったのは、保守的なニュースサイト『ブライトバート・ニュース』のミロ・イアノポウロス氏。数千人が集まったデモは、当初は平和的だった。ところが黒装束姿の数十人が加わり、講演会場に花火などを投げつけたり、窓ガラスを割ったりした。講演は中止された。(後略)〉

……間違ったことは書かれていません。しかし、逐語訳すぎて物事のニュアンスや、事件の背後関係がまったくわからない。

まず、講演する予定だった英国人コメンテーターの名前ですが、ギリシャ系英国人なので「ミロ」ではなく「マイロ・ヤノプルス(あるいはヤノポロス)」という発音になります。すでに出ている他の日本語記事でもそう表記されています。彼はトランプを強力に後押しする極右勢力“Alt-right”(オルト・ライト)のアイドル的存在で、ブライトバート・ニュースは「保守的」どころか、あらゆるマイノリティや女性への差別を隠そうともしない「極右」なニュースサイトです。

さらにいえば、今回の講演会はマイロが2015年末から続けてきた“デンジャラス・ファゴット(危険なオカマツアー)”なる全米行脚(あんぎゃ)のファイナル。一方、UCバークレー校はいわずと知れたリベラルの総本山。そして、その5日前にはトランプが一部イスラム圏国からの入国禁止令を出したばかり……と、どこから見ても炎上する要素満載でした。


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017
    • No.36 Sep 4th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.39&40