週プレNEWS TOP ニュース 社会 “ふしぎな写真”を見て考える、3.11の記憶の在り方――忘れてはいけなくて、忘れることが「幸せ」かもしれなくて

ニュース

“ふしぎな写真”を見て考える、3.11の記憶の在り方――忘れてはいけなくて、忘れることが「幸せ」かもしれなくて

[2017年03月13日]

【宮城県東松島市 矢本リサイクルセンター】2011年3月22日、市の管轄する空き地で津波被災者の遺体の仮埋葬が行なわれた。膨大な数に火葬が間に合わず、一時的に土葬されたのだ。2017年2月7日、仮埋葬された遺体は1年以内に火葬され、敷地は更地に戻された。職員の話だと、あれからこの場所を何かに利用したことはなく、今も空き地が広がっている。

昨年、ひとりの写真家が東日本大震災の被災地を訪れて“奇妙な写真”を撮影した。その写真は「週プレNEWS」でも配信したが、反響を呼び、SNSでも話題となった。

その写真家、八尋 伸(やひろ・しん)が、震災から6年が経つ被災地を再び訪れ、また1年が過ぎ、新たな写真で伝えるものとは――。

これらのふしぎな写真は「二重露光」という方法で撮られた。フィルムで撮影したコマを送らずにそのまま上から重ね撮りすることで、ふたつの画像がひとコマに収まるのだ。

その応用で2011年3月11日直後の被災地と、約6年後の同じ場所を写した「今」が1枚の写真の中で重なっている。

あの時の写真は「資料」としてずっと残る。ならば、人の「記憶」はどうなのか。

* * *

東日本大震災から6年が経った。この時期、一時的にその話題が増えることを除けば、我々が被災地の現状に触れる機会も目に見えて減ってきた。

それは被災者も同じなのではないか、と八尋氏は言う。2011年から6年間、被災地の同じ場所を同じ時期に撮り続けてきた彼は、訪れるたびに少しずつではあるが、町が復興という未来に向かっていることを感じている。あったはずの道がなく、あったはずの建物が消えて更地になっている。

“あの日”が近づくたびにそんなことを繰り返し、気がつけば6年の月日が流れた。

そして、確信する。あの記憶は当事者たちの中からも静かに薄れてきている。自分の住んでいた家がどこにあったか思い出せないと言った人。町を離れて新たな生活を始めた人。復興支援の恩恵を受けられた人も、資金難などの理由でいまだに仮設住宅に住んでいる人も、多くは皆、「前」を向いている。

なぜなら、そうしなければ生きていかれないからだ。忘れても、忘れていなくても、それぞれの前にそれぞれが必死に紡いでいかなければならない「日常」があるからだ。

宮城県牡鹿郡女川町
2011年3月16日
初めて被災地に足を踏み入れたのが女川だった。町は津波による瓦礫で埋め尽くされ、まだ遺体が見つかることも多かった。雪が降り、辺りには潮のにおいが充満していた。
2017年2月7日
今は工事フェンスに囲まれた更地になっていて、そこから見える高台には住宅も建ち始めていた。

震災2

宮城県牡鹿郡女川町 女川町総合体育館
2011年3月16日
体育館は避難所となっており、廊下にも人が溢れ返っていた。避難していた佐々木美枝子さん(当時75歳、写真中央)は、「こうなったらしょうがない、我慢するしかないよ」と達観していた。
2017年2月10日
通常の営業に戻った体育館は平穏そのもの。敷地の前には復興住宅が建てられていた。

震災3

岩手県上閉伊郡大槌町
2011年3月19日
自衛隊員が到着した場所にはブルーシートにくるまれた遺体が7、8体並べられていた。隊員たちは一度手を合わせると、遺体を一体ずつヘリに運び、搬送していった。
2017年2月8日
その地区は、今は建築資材置き場となっていた。残っていた民家も取り壊され、側面の山には道路も開通していた。

震災4


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017
    • No.36 Sep 4th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.39&40