週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 「本田圭佑はメンバー外が妥当」とセルジオ越後。イチ推しする国内組アタッカーは?

連載コラム

「本田圭佑はメンバー外が妥当」とセルジオ越後。イチ推しする国内組アタッカーは?

[2017年03月16日]

今季の齋藤のプレーには目を見張るものがあると語るセルジオ越後氏

W杯アジア最終予選のUAE、タイとの2連戦が迫ってきた。特に、昨年9月に逆転負けを喫したUAEとの対戦は、絶対に負けられない大一番。アウェーとはいえ、勝ち点3を持って帰りたい。

注目は日本代表にどんなメンバーが招集されるか。やはり昨年11月のサウジアラビア戦のスタメンが中心になるだろう。ボランチから後ろのポジションは、長谷部、吉田、酒井宏、酒井高ら所属クラブで出場機会を確保している海外組が多い。どうしても攻撃的なポジションの選手ばかり注目されがちだけど、みんな頑張っているよね。

また、国内組も山口、永木、森重、槙野らがJリーグで元気だ。GKの西川も含めて、ハリルホジッチ監督が人選に悩む部分は少ないと思う。

一方で、やや不安なのが前線。勝つためには点を取らなければいけない。でも、いいときに比べて、少し勢いに欠ける選手が多いかなという印象だ。ワントップに大迫、両サイドには原口と新天地ベルギーで結果を出している久保を起用するのは順当として、悩むのはトップ下。故障明けでコンディションが気になるところだけど、僕はサウジ戦でスタメン出場した清武を推したい。あとは試合の流れによって、どんな試合でも泥くさく戦える岡崎、Jリーグで好調の齋藤、小林悠、長沢あたりを切り札として投入するイメージじゃないかな。

なかでも、今季の齋藤のプレーには目を見張るものがある。昨季も十分に活躍していたけど、(中村)俊輔が抜けた横浜F・マで新キャプテンとなり、ひと回り大きくなった。ドリブルで勝負するのか、パスを出すのか、プレーにメリハリがついたことで相手にとってはさらに厄介な選手になっている。味方にも大きな声で指示を出すし、貫禄が出てきた。こういう勢いのある選手は積極的に使うべきだ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018