週プレNEWS TOP 連載コラム 即買いガジェット 80年代に巻き起こったラジコンブーム。懐かしのマシンの復刻版が続々登場!

連載コラム

80年代に巻き起こったラジコンブーム。懐かしのマシンの復刻版が続々登場!

[2017年03月20日]

80年代に登場したマシンたちが大復刻!!

プラモ、ミニ四駆、ラジコンなど総合ホビーメーカーとして男子から絶大に支持されるタミヤ。

そんなタミヤがラジコンを初めて発売したのは1974年。実は戦車の「M4シャーマン」が初ラジコンなのだ。

ラジコンカーとしての初モデルは、76年に発売された「ポルシェターボRSR934レーシング」。こちらは、10万台オーバーの大ヒットとなり、翌年には初のバギーモデル「XR311・コンバットバギー」が発売された。そして80年代にはラジコンブームを起こし、現在は大復刻ブームが到来中。

30年ぶりにラジコンに復帰するなら、まずは復刻マシンから、どーぞ!

★由良拓也氏がデザインした本格モデル!ガジェット1302
ビッグウィッグ
タミヤ/2万2000円+税(本体)
1986年に「電動RCカー誕生10周年記念」として登場したマシンを大復刻。デザインを手がけたのはレーシングカーデザイナー・由良拓也氏。空力重視のボリューム感あるボディは、今見ても斬新すぎ!
【左】本体だけでなくパッケージも、ほぼ当時のまま再現。【右】モーターは「ビッグウィッグ」専用の「GTチューンモーター」が付属する。

★内部はメンテナンス性を重視ガジェット1303
【左】ボディのマーキングに若干変更はあるが、シャフトドライブの四駆システムなど、そのまま復刻。【右】サスペンションは、安定度の高い四輪独立のダブルウィッシュボーン方式を採用。

★アメリカンなビッグホイールガジェット1304
ブラックフット
タミヤ/1万7800円+税(本体)
巨大タイヤを装着したモンスターマシンとして86年に発売。障害物をクリアしたり、大ジャンプしたりと、大迫力の走りをたっぷり楽しめるのが魅力だ。タミヤらしい遊び要素が特盛りのマシン!

★ミニ四駆も大ヒットガジェット1306
アバンテ
タミヤ/5万4800円+税(本体)
88年に登場した、生粋のレーシングバギー。新たにカーボンやジュラルミンパーツを採用するなど、内部は大幅にアップデートされている。ミニ四駆版も大ヒットした。

★レースで大活躍した一台!ガジェット1305
マイティフロッグ
タミヤ/1万6800円+税(本体)
レースから、ちょっとしたオフロード走行まで幅広く遊べるマシン。83年に発売され、その設計思想はグラスホッパーへ引き継がれ、ホーネットと共にロングセラーとなった。

★4WDマシンの大定番!ガジェット1307
ホットショット
タミヤ/2万4800円+税(本体)
85年に発売されたタミヤ初の本格4WDバギー。当時からお値段は高めでしたけど、メディアに登場することも多く一躍人気マシンに! その後の4WDラジコンブームを牽引した一台。

(取材・文/直井裕太)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018