週プレNEWS TOP ニュース スポーツ トップドライバー・中嶋一貴が3年ぶり復帰で「SUPER GT」のスゴさを語る

ニュース

トップドライバー・中嶋一貴が3年ぶり復帰で「SUPER GT」のスゴさを語る

[2017年03月20日]

PR

中嶋一貴2

もちろん、レース当日のコンディションによって今日はAのメーカーが強くて、Bのメーカーは全然ダメということもあります。また、時にはレースが始まったときはAのメーカーが良かったけど、コンディションが変わって終盤になると、Bのメーカーが強いということもあって、本当に最後まで展開が読めない。

さらに、GT500とGT300という性能差のあるマシンが一緒に走っていることもスリリングなレース展開に拍車をかけています。速度域の違うクルマが混走し、クラスごとの順位を争うことで、ぶつかったり、前をふさがれてタイムロスして抜かれたり、予期せぬことが起こりやすい。

また、ウエイトハンデがあるので、毎レース、前後を走るマシンも違う。ドライバーとしては、かなりストレスがたまりますけど(笑)、お客さんには楽しんでもらえるんじゃないかと思います。

僕はこれまで世界各地の様々なレースで走ってきましたが、SUPER GTのスゴさはレースのレベルの高さだけではありません。それ以外の楽しみも充実していることだと思います。

例えば、選手とファンの距離は、どのスポーツよりも近いと思います。レース期間中に、サーキット内でドライバーがトークショーやサイン会をするだけでなく、ファンはパスの種類によってはスタート直前のグリッドまで来て、ドライバーやマシンに接することができます。

また、男目線でいえば、毎戦、レースクイーンが200人から300人もいます(笑)。その中から芸能界に…という方もいらっしゃいますので、成長を見守るのも楽しいのではないかと。

ほかにも、レース会場は九州から東北まで全国いろんな所にあるので、例えば旅行で温泉に入って、地元の料理を食べるついでにレースを見に行く、なんてコースもオススメですね。

F1みたいに敷居は高くありません(笑)。SUPERGTは、コスパの面でも間違いなく世界最高峰なんじゃないですかね!

(取材・文/川原田 剛 撮影/村上宗一郎[中島氏])

●中嶋一貴(なかじま・かずき)
1985年生まれ。今季は古巣のトムスに復帰し、J・ロシターとコンビを組む。父は日本人初のフルタイムF1ドライバーの中嶋悟氏

◆「SUPER GT」見るならJ SPORTS!!
J SPORTSならではのモータースポーツコンテンツをPC、スマホ、タブレットで楽しめるJ SPORTSオンデマンドでは、SUPER GT全8戦の予選と決勝をLIVE配信!

その他にもJ SPORTSオンデマンド限定LIVE配信のコンテンツも多数あります。詳しくはJ SPORTSカスタマーセンター03-5500-3488(午前10:00~午後6:00)、J SPORTSオフィシャルサイトwww.jsports.co.jpまで。

2017 SUPER GT 第1戦 岡山国際サーキット
【予選】4月8日 LIVE配信 【決勝】4月9日 LIVE配信


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018