週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 セルジオ越後が一喝!「UAEに3連敗するようなら、日本はW杯に出る資格はない!」

連載コラム

セルジオ越後が一喝!「UAEに3連敗するようなら、日本はW杯に出る資格はない!」

[2017年03月23日]

UAE戦で負けるようなことがあれば、W杯出場はかなり難しくなると語るセルジオ越後氏

アジアで同じ相手に3連敗するようならば、W杯での勝利など期待できないし、そもそもW杯に出場する資格もない。

2018年ロシアW杯アジア最終予選の後半戦がスタート。日本はアウェーでのUAE戦(23日)、ホームでのタイ戦(28日)を迎える。現在グループ最下位であるタイとの一戦は、力関係を考えれば負ける要素は見当たらない。順当に勝ち点3を奪うだろう。

問題はUAE戦だ。この試合は絶対に負けられない。現在グループ2位日本と4位UAEとの勝ち点差はわずか1。しかも日本は予選の最後に、オーストラリア戦(ホーム、8月31日)、サウジアラビア戦(アウェー、9月5日)と強豪相手の厳しい連戦を残している。同じくW杯出場を争うUAEに引導を渡すためにも、最後の2連戦を優位な立場で迎えるためにも、ここでキッチリ勝ち点3を奪っておきたい。逆に言えば、ここで負けるようなことがあれば、W杯出場はかなり難しくなる。

日本はUAEに対し、一昨年のアジア杯準々決勝で延長戦の末にPK戦で敗れ、昨年9月の最終予選初戦ではホームで逆転負けを喫し、連敗中だ。2試合とも、引いて守ってカウンターを狙う相手のサッカーにハマった。

今のUAEは、アリ監督が育成年代から手塩にかけて育ててきた選手が多く、国際経験も豊富で、国内では“史上最強”と呼ばれている。チームの中心は、一昨年のアジア年間最優秀選手であるFWハリルと、昨年のアジア年間最優秀選手であるMFオマル。ハリルは決定力の高いストライカーで、日本は昨年9月の対戦時に2得点を許している。ふわふわのヘアスタイルが印象的なオマルは、高いテクニックと独特のリズムで攻撃を組み立てる。このふたりは今回も要注意だ。

1990年イタリア大会以来となる2度目のW杯出場を目指すUAEにとっても、日本戦は勝ち点3を奪わなければいけない試合。国内リーグを早々と中断してコンディションを整えるなど、相当な意気込みがうかがえる。日本には2連勝中だけあって、選手たちは自信を持っているだろう。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.45

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017