週プレNEWS TOP ニュース ビジネス エッジの効いたお仕事も? 「ホワイトバイト」の天国な実態

ニュース

エッジの効いたお仕事も? 「ホワイトバイト」の天国な実態

[2017年03月27日]

バンドマンが一目置かれるようにサクラを雇うことも。腕を組んでエラそうに見ているだけで1万円もらえる!!(イラスト/福田嗣朗)

世間的には有名企業だけど、働いてみたら超ブラック--そんな企業のニュースが何かと話題になっているが、同じような境遇で苦しみ、「本当はもっといい仕事があるのでは?」と感じているサラリーマンも多いのでは? 

だが、一方でこの世には「こんなおいしいバイトが転がっている日本で、なぜしんどい仕事にこだわるのか全く理解できません!」と笑う勝ち組(?)もいるのだ。

第1回第2回に続き、彼らに楽で稼げるホワイトバイトの天国な実態を教えてもらった!

* * *

●バンドマンのライブのサクラ

登録制のバイトもオイシイと話してくれたJ氏(第2回記事参照)が紹介されたバイトのなかにはこんな仕事も。

インディーズバンドのライブを業界関係者を装って見に行くというサクラを何度かやらせてもらいました。『一目置かれているバンドだ』と客やライブハウスのスタッフに勘違いさせるためで、日給1万円でした。そんな表面的なことに力注ぐ前にやるべきことがあるだろ……と思いながら、腕組みしてライブを眺めましたね(笑)」

また、今回の調査でこんなサクラ経験者からの情報も入手。5年前から出会い系のサクラとして女性のフリをしてメールのやりとりをしているY氏(31歳)はこう語る。

「最近、以前より景気がいいですね。男性があっさりと課金してくれる。『若い女性とSNSでつながれるなら、会えなくてもいい』というような気持ちでお金を使っている人が出てきている気がします。会えてないのに月100万円以上使う人が少なくないんですよ? 不思議な世の中ですね。3分の1ほど僕の懐に入ってきています」

●キャンペーンガールの見張り

ここからは、楽かつ“女性と出会える楽しさ”もあるホワイトバイトを紹介しよう。美女と出会えるかどうかを重視してフリーター生活を送っているF氏(28歳)は。

「僕が今一番ハマってるのは、居酒屋でたばこの試供品を配るキャンペーンガールの見張りですね。女のコたちがオジさんたちに絡まれて危険な目に遭わないように店内にいるだけなんで、基本的にすることはなし。女のコふたりと僕ひとりのチームで仕事をするケースが多いので、自然と仲良くなります。普通じゃ出会えないような美人が露出度の高い衣装を着て自分と話してくれるだけでもうれしいですけど、仕事中にストレスがたまるのか、仕事後に飲みに誘われることも何回かありましたよ」

●クラブの物販スタッフ

F氏の“楽しい”バイト情報はほかにも!

クラブの物販スタッフも出会える可能性はかなり高いです。DJもできなければ、バーテンダーもできないのに、スーツを着てタオルなどを売っているだけで、酔っぱらった女性がよく声をかけてきますね。休憩時間に連絡先を聞いて、後日飲みに行ったこともあります!」


グラフェス2017

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • August 7th, 2017
  • No.33 Aug 14th 2017
  • No.32 Aug 7th 2017
  • No.31 Jul 31st 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】わちみなみ、Hカップ現役JDアイドル

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017

メルマガ会員&アンケート 2017年No.34&35