週プレNEWS TOP ニュース レジャー 瀕死のJR北海道建て直し案を石原良純が考える 「宗谷本線をアミューズメントパークに!」

ニュース

瀕死のJR北海道建て直し案を石原良純が考える 「宗谷本線をアミューズメントパークに!」

[2017年04月05日]

「10時間過ごすのだから、ひとつの街みたいにいろいろな施設があるといい。豪華客船に近いイメージかな」と語る石原良純氏

JR北海道が大ピンチだ。島田修社長いわく、「バケツに穴が開いたような状態」の赤字構造に、人口減少、莫大な除雪費用、高速道路拡張といった逆風のなか、逆転の策はあるのか? 

そこで、お天気キャスターだけでなく、最近はコメンテーター、さらに鉄道タレントとしても活躍する石原良純(よしずみ)氏が改革案を提言。エンターテインメント業界に長く身を置いているからこそのアイデアがJR北海道を救う?

* * *

―北海道の鉄道の思い出は?

石原 小学校の林間学校で十勝岳に登ったんです。当時は飛行機が正規料金しかなく、めちゃくちゃ高いから鉄道でした。青函連絡船で函館に着き、キハ80の特急「おおぞら」に乗って旭川まで。寝台列車も乗ってます。札幌から稚内(わっかない)や釧路まで。道内は遠いけれど、夜行で行くほどの距離じゃないから、途中駅で時間調整しながら行くんだよね。

うちの子供も鉄道が好きで、去年の夏に函館から渡島当別(おしまとうべつ)までローカル線に乗せた。俺と奥さんはレンタカーで先回りして待っていたら、そこに観光バスがいた。同じことをバスツアーがやってたんですよ(笑)。

―ツアーでわざわざローカル線に乗るというプランがある。

石原 今はローカル線に乗ることがブームなんです。景色がゆっくり流れて、車窓を眺めるというのがみんな好き。特に田舎の景色がいい。そう考えたら、北海道は一番に自然が残っている。だから、線路自体をアミューズメントパークと考えてみるといいんじゃないかな?

オススメは宗谷本線。特にいいのが稚内から旭川までの区間。お客さんには稚内まで来てもらって、1日かけて札幌まで行く。特急だと5時間くらいで行けちゃうのだけれど、ゆっくり10時間ぐらいかける。途中駅で海を見に行ってもいい。きっとラッコやトドがいるでしょ?

あとは、冬の雪原。それだけ時間がかかるから食事も車内。車窓を見ながら食べるのもいいし、景色が良ければ途中駅で外に出て弁当でもいい。これは話題になるんじゃないかな。

―時間を贅沢(ぜいたく)に使った旅。

石原 ディズニーランドやUSJ、京都の街並みにはかなわないですが、北海道で唯一無二なものは、大平原をゆっくりゆっくり列車が走ること。それが一番の魅力だと思います。

それと北海道を観光する際は、レンタカーを使うことが多い。するとお父さんはお酒が飲めないんですよ。羽田空港のラウンジから我慢しなければいけない。でも鉄道なら運転しなくてもいいからうれしい。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017