週プレNEWS TOP ニュース 社会 教育現場が保護者への“忖度”で疲弊しきっている!

ニュース

教育現場が保護者への“忖度”で疲弊しきっている!

[2017年04月10日]

過剰な忖度が逆に「モンスタークレーマー」を生む原因になっている

「時間指定の配達で、以前は10分遅れたら怒り出すお客さんが多かったですが、最近は『ご苦労さま』『頑張ってね』と声をかけてくださる方が増えています」

そうほほえむのはヤマト運輸のドライバー(28歳)。宅配ドライバーの過重労働の問題が報道された影響か、「お客さんが気を使ってくれるようになっています」と言う。

だが、こういった事例はまれだ。実際には、働く人が気遣いで疲弊し切った現場が増えている。

例えば、教育現場。苦情対応アドバイザーの関根眞一氏は「学校現場が最も気を使う相手は保護者。ところが、最近は保護者をお客さま、教育を商品と見なし、保護者のクレームを恐れるあまり、必要以上に忖度する傾向が強まっている」という。

「例えば、近頃は校則でほかのクラスへの入室を禁じる学校も出ている。確かに、クラスが違う多数の生徒がひとつの教室で入り乱れると、私物の盗難や、いじめなどの原因ともなるというのは理解できる。でも、これは保護者に忖度しすぎなのでは、と思ってしまいますね」

一方、研究機関や大学などが立地する関東のある都市ではこんなことが…。

「その街には、ある時期から高学歴の研究員がたくさん移住してきました。すると、彼らの子供たちが通う学校で教育格差が問題になった。もともと住んでいた町工場の子供と、エリート研究員の子供とでは歴然とした学力差があったわけです。そこで、その学校は学力レベルの低い生徒の保護者に忖度して通知表を撤廃してしまった」(関根氏)

※忖度(そんたく)…〔名・他スル〕(文章)他人の心の中を推し量ること。推察。「彼女の気持ちを―しかねる」集英社 国語辞典 第3版より

◆本日発売の『週刊プレイボーイ』17号「忖度大国ニッポンの闇」では、このほかに「官僚の忖度の現場」もご紹介。ぜひお読みください!

(取材・文/興山英雄)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017