週プレNEWS TOP ニュース アイドル SKE48を卒業した宮前杏実が女優の決意「“これからだ”っていつも自分に言い聞かせて…」

ニュース

SKE48を卒業した宮前杏実が女優の決意「“これからだ”っていつも自分に言い聞かせて…」

[2017年04月25日]

SKE48を卒業後、ファンの間で活動を待たれていた宮前杏実

昨年9月、SKE48を卒業。その後、ファンの間で活動を待たれていた宮前杏実(あみ・19)がいよいよ女優としてリスタートする。

彼女は2011年、SKE48第5期オーディションに14歳で合格。持ち前の明るいキャラクターで人気を集め、2014年には16枚目のシングル『12月のカンガルー』で選抜&初選出され、北川綾巴(りょうは)とWセンターに。また総選挙では15年、16年にそれぞれ第45位、65位と選抜入りし、16年はアップカミングガールズのセンターも務めた。

卒業後は女優としてのレッスンを地道に続けていたが、4月29日にオンエアされる『世にも奇妙な物語 ’17春の特別編』(フジテレビ系)に出演。同日には初のファンイベントを東京・新宿で開催することも決定し、いよいよリスタート!  そこで彼女を直撃し、卒業までの想いや今後の展望などを聞いた。

―お久しぶりです! 女優転向ってことで、SKE48からを卒業したのが昨年の9月末…だからもう7ヵ月ぶりですか。

宮前 あっという間です。今度『世にも奇妙な物語 ’17春の特別編』で女優としてリスタートを切ることになったので、まずご挨拶をと。

中条あやみさんが主演の「夢男」ってエピソードで、SNSを通じて夢に出てくる男が世界中をパニックに陥れちゃうお話です。私が出るシーンはちょっとですけどね。

―お芝居の現場は初めてでしょ。緊張はしなかった?

宮前 全然。ただ私、ホラーが小さい頃から苦手なんで、演技よりも現場が怖くないかドキドキしましたけどね(笑)。でもやりたかった女優のお仕事だし、すごく楽しんじゃいました。

―元々、女優志望だったんですよね。改めて聞くけど、なぜSKE48に?

宮前 いくつかオーディションを受けていたんですけど、全部落ちちゃって。諦めかけた時、偶然目にしたのがSKE48のオーディションで。最後のつもりで受けたら合格したんです。それまでアイドルになるなんて一度も考えたことなかったのに(笑)。

―あまり気負わなかったのがよかったのかな。

宮前 かもしれませんね。お母さんに合格の電話をした時も、あまりに普段通り過ぎて「まだ栄にいるの? 早く帰ってらっしゃい」って、すぐには信じてもらえなかったし(笑)。

―結局、5年間在籍しましたが、大きな思い出は?

宮前 いっぱいあるけど、2014年に受けた総選挙はランクインすると思っていたので圏外で結構、落ち込んだんです。そうしたら当時のマネージャーさんに「これからだね」って言われてビックリしちゃって。「もうお終いだ」って思ってましたから。でもその言葉で頑張れました。

宮前杏実8678


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017