週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 アナウンサーからボイス・スピーチデザイナーに転身した魚住りえ。聞き取りやすい声を出す簡単トレーニングとは?

連載コラム

アナウンサーからボイス・スピーチデザイナーに転身した魚住りえ。聞き取りやすい声を出す簡単トレーニングとは?

[2017年04月26日]

いい声を出すために日頃からできる簡単トレーニング法を、魚住りえさんにうかがいました!

春は出会いの季節。職場や学校で、初対面の人と話す機会は多い。

特に気になる異性と話す時、どんな風に話せばいいか。あわよくは女のコからモテる声はないものか。そんなことを考えてしまう人は少なくないはず。

そこで、アナウンサーとして長年活躍し、最近はボイス・スピーチデザイナーとして、話す時の声や話し方の指導を行なっている魚住りさんにモテ声やモテる話し方について伺った。

前編では、話すときの声の高さとスピード、また女のコの心をつかむ相槌の打ち方などをアドバイスいただいたが、今回はさらに、いい声を出すために日頃からできる簡単なトレーニング法を教えてもらった。

* * *

―そもそもいい声を出す上で大切なことはなんでしょう?

魚住 腹式呼吸で、お腹から声を出すことですね。たくさんの空気を吸い込んで声を出すことでエネルギッシュな声を出せる。それに喉から声を出すと、喉が痛んでしゃがれ声になりますから。

―腹式呼吸をできるようになる、何かいいやり方はありますか?

魚住 背中を壁につけて立ったまま、手をお腹において、まずは腹筋に意識を集中させます。口から息を吐きながらお腹をへこませ、腹筋をギリギリまで縮めます。息を吐き切ったら、今度は鼻から息を吸い込み、お腹を膨らませていきます。これを繰り返しているとできるようになりますよ。

―なるほど。

魚住 あと、聞き取りやすい声を出すことです。そのためには自分の声に合った高さを覚えるといいですよね。人差し指と中指を自分の鼻においてください。そして「ン~~」とハミングしながら、声の高さを徐々に上げていくんです。そうすると指が細かく振動する音があるはずです。そこが聞き取りやすい高さの声なんですね。 この方法は、鴻上尚史さんの『発声と身体のレッスン』を参考にしています。

人差し指と中指を鼻において、「「ン~~」とハミングしながら、声の高さを徐々に上げていく

人差し指と中指を鼻において、「ン~~」とハミングしながら、声の高さを徐々に上げていく

―ンンンン~(実際にやってみる)、あ、確かに震えてる感じが!

魚住 イメージとしては、ドレミファソ~と上げていって、だいたい「ソ」辺りの音のところが、皆さん多いですね。少し高いかなって思うくらいの音。その高さで「初めまして~」って言うと相手の印象もいいですね。

―やってみます! ただ、こうしたいい声を出せるようになっても、実際にうまく話せるかが不安なところで…。

魚住 それにはうってつけの方法がありますよ。

―えっ、それは?

魚住 朗読です。書いてあるものを読んで声を出すんです。それを続けていると、だんだんと普通の喋りも良くなってきます。

―読むものはなんでもいいんですか?

魚住 エッセイでも小説でも好きなものを選んでください。ただ現代の口語が使われているものがいいですね。『源氏物語』とか読んでも仕方ないんで(笑)。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018