週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 「サッカーはテロに屈しない」チームに勇気を与えた香川のプレーにセルジオ越後も拍手!

連載コラム

「サッカーはテロに屈しない」チームに勇気を与えた香川のプレーにセルジオ越後も拍手!

[2017年04月27日]

テロ行為からどうやって身を守るかは本当に難しい問題だと語るセルジオ越後氏

起きてはいけない悲しい事件が起きてしまった。

4月11日、香川の所属するドルトムント(ドイツ)のチームバスが爆発事件に巻き込まれた。欧州チャンピオンズリーグの準々決勝第1戦、ホームでのモナコ(フランス)戦に向かおうとホテルを出発したところで3度の爆発が起き、DFバルトラが右手首を骨折するなどの重傷を負った。

報道によれば、イスラム過激派によるテロ行為の可能性が高いという。サッカーがテロの標的にされたケースといえば、一昨年11月にフランスのパリで起きた同時多発テロが記憶に新しい。フランスvsドイツの試合中にスタジアム付近でも自爆テロが起き、死者が出て、観客はパニックになった。

今回はそれほど大規模ではないし、何より死者が出なかったことは不幸中の幸いだ。ただし、サッカー選手が直接の標的にされた点で、これまでのケースとは少し意味合いが異なる。とても恐ろしく、ショックなこと。欧州の不安定な社会情勢があらためて浮き彫りになった感がある。

こうしたテロ行為からどうやって身を守るか。例えばW杯のような大きな大会であれば、選手には厳重な安全対策が施される。観客にしてもスタジアムの座席にたどり着くまで、何度もセキュリティチェックを受ける。来年のロシアW杯は、お国柄を考えると警備に軍隊も出動するだろうし、過剰な心配は必要ないと思う。

でも、各国のリーグ戦など普段の試合で同じことはできない。チーム数は多いし、各チームにたくさんサポーターがいる。練習場、ホテル、移動など、どこまで警備すればいいのか。人手と予算がいくらあっても足りない。気をつけて行動するにも限界がある。本当に難しい問題だよ。


馬場ふみかカレンダー

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.31 Jul 31st 2017
    • No.30 Jul 24th 2017
    • No.29 Jul 17th 2017
    • No.28 Jul 10th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小倉優香、いま日本で一番水着が似合う女の子!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.31