週プレNEWS TOP ニュース スポーツ ストイコビッチが語るサッカー中国リーグ「将来性がある。急成長しているのは間違いない」

ニュース

ストイコビッチが語るサッカー中国リーグ「将来性がある。急成長しているのは間違いない」

[2017年05月03日]

2015年から広州富力を率いるストイコビッチ。Jリーグも知る彼の目に中国リーグはどう映る!?

欧州のトップクラブでも通用する大物選手や指導者を次々と獲得! サッカー界ではいまだ中国の“爆買い”が猛威を振るっている。だが、気になるプレーのレベルや環境は!? 

前編記事「中国リーグ・大物選手&指導者爆買いのとんでもない実態」に続き、3月上旬に開幕した中国のサッカーリーグ「スーパーリーグ」、その知られざる内実に迫る!

■ストイコビッチが語るJリーグとの違い

最後は、上海から飛行機で南へ約2時間半の広州へ。広州といえば、中国リーグ6連覇中で、13年、15年にアジア王者に輝いた広州恒大が有名だが、向かったのはストイコビッチ率いる広州富力のホームゲーム。広東省人民体育場での長春亜泰戦は、上海で観戦した2試合と比較するとかなり牧歌的な雰囲気のなかで行なわれ、広州富力が1-0で勝利した。

広州富力には他クラブのような大物外国人選手はいない。だが、リーグの中でも組織力に優れていると評判だ。そんなチームでプレーしているのが、12年から15年半ばまでJリーグの川崎で活躍したブラジル人FWレナト。彼に中国でのプレーや生活について尋ねると、冗談っぽく「日本が恋しい」と口にした。

「サッカーのレベルはどっちが上とか言えないけど、こっちはピッチが悪い。それに食べ物は日本のほうがおいしいし、中国では友達がいなくて寂しいよ。日本ではみんな親切にしてくれたけど、中国はそうじゃないから(苦笑)」

ストイコビッチは15年夏から広州富力を率いている。後日あらためて練習場を訪れ、Jリーグとの違いを聞いた。

「どの国にもそれぞれ異なる文化やメンタリティがあるので一概に比較するのは難しい。もちろん、リーグ運営や安定性に関してはJリーグにアドバンテージがある。ただ、将来性があるのは中国。今、中国サッカーが急成長しているのは間違いない」

大物選手が大金目当てで中国へやって来ることには、批判的な意見も多い。それについてはどう考えるのか。

「貯金を増やすには有益だと思うね(笑)。でも、プロ選手はそれでいいと思う。移籍は自由競争だし、どんな選手でも巨額のオファーを断るのは難しい。それに今、中国リーグは選手を補強するだけでなく、監督にも投資している。今季、(1部リーグに)中国人監督は3人しかいないはずだ。このことは将来、中国サッカーに大きな利益をもたらすと信じている」

先頃クラブとの契約を20年まで延長したストイコビッチは「どんなことも、どのアングルから見るかによって、いいか悪いかの判断は変わってくる」と強調した。

11_申花スタジアム

スタジアムをビッチリと埋めた上海申花サポーター。応援にもかなり気合いが入っていて、雰囲気は抜群


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017