週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 「缶つまvsおいしい缶詰」ちょっと贅沢したい時に最適なのは?

ニュース

「缶つまvsおいしい缶詰」ちょっと贅沢したい時に最適なのは?

[2017年05月07日]

「缶つまSmoke 鮭ハラス」400円(左)と明治屋の「おいしい缶詰 燻製とろ鮭ハラス」600円(右)

プチ贅沢な酒のつまみとして不動の地位を確立した「缶つま」。発売後すぐに人気に火がつき、今やラインナップは100種以上。

「今、飲食の世界では“激安”は見向きもされず“ハイコストパフォーマンス”が人気。つまり、ハイコストなのに、コストパフォーマンスが高い。最近、V字回復が話題のマクドナルドも新商品は単品価格500円前後の商品ばかりです。

缶つまはその流れが来る前から販売されているパイオニア的存在。その姿勢が信頼につながっていると思います」(フードジャーナリスト・はんつ遠藤氏)

一方の明治屋「おいしい缶詰」も「決して便乗ではない」と遠藤氏。「明治屋はもともと高価格帯の缶詰を作っており、『おいしい缶詰』と名づけシリーズ化したのが14年。ですから缶つまを意識して発売し始めたものではありません」(遠藤氏)

では、この対決の勝敗は?

「個人的には味は明治屋ですが、『ラム肉のジンギスカン風』など珍しい缶詰を出している缶つまの努力と工夫も買いたいですね」(遠藤氏)

ということで、それぞれ好みによって楽しみたいものだ。

(取材・文/井出尚志 渡辺雅史 高山 恵[リーゼント])

■『週刊プレイボーイ17号』(4月11日発売)「ジャンル別チェーン店&サービス ライバル対決激突20番勝負! 2017年最新版!」では、この他の対決も大特集!


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27