週プレNEWS TOP 連載コラム 週プレ外国人記者クラブ シリア人記者が語る内戦の真実「アメリカのミサイル攻撃の理由は、市民が化学兵器で殺されたからではない」

連載コラム

シリア人記者が語る内戦の真実「アメリカのミサイル攻撃の理由は、市民が化学兵器で殺されたからではない」

[2017年05月11日]

─アレッポ陥落後のシリアは今、どんな状況にあるのでしょう?

ナジーブ シリアの国内は今、大きく分断されています。アサド政権の支配下ではない地域は、連日のようにシリア政府軍やロシア軍による爆撃にさらされ、罪のない市民が命を失い、生き残った人たちも家や財産を失って難民化し続けている。アサド政権は武装した反政府勢力と一般市民を区別しません。政権に抵抗する人たちだけでなく、そのコミュニティ全体に「罰」を与えることになんの躊躇(ちゅうちょ)もないから、罪もない一般市民に対しても爆撃を繰り返すのです。

一方、アサド政権の支配下にある地域では圧政が敷かれ、人々は独裁政権によって抑圧され続けています。私の故郷もアサド政権の支配下にありますが、青年の男たちは皆、兵士として戦場に送られ、棺桶に入って街に帰ってくる…。そうやって命を失った人たちは5万人を超え、反体制の疑いをかけられた人たちは拉致され、二度と帰ってこない。

─その結果、増え続けるシリア難民の問題は、難民・移民問題が社会を分断するヨーロッパを中心に世界の政治にも大きな影響を与えています。

ナジーブ これは結局、「グローバリゼーション」の問題なのです。世界は今、「モノやお金に対しては国境の扉を開く」のに「人間の前では全ての扉を閉める」という流れが急速に進んでいるのですが、現実的に考えて、それでうまくいくはずがありません。国境を越えて「モノの扉」を開くなら、当然「人の扉」も開かなくてはならない。世界で起きていることはそうした矛盾が一気に噴出しているからだと思います。

日本に関していえば、まずはシリアとの「人材交流」を広げてほしいと考えています。日本政府は中東の豊かな産油国や、それ以外でも日本が「大国」と認識しているエジプトとの関係などは重視していて、昨年、安倍首相はエジプトから2500人の留学生を受け入れる方針を明らかにしましたが、シリアからの留学生受け入れは僅か150人です。

内戦であれだけボロボロになって、将来、国の再建を担うための人材育成が重要な課題となるはずのシリアからはもっと多くの留学生を受け入れてほしいし、それはシリアの未来にとって大きな助けとなるはずです。

シリアは地中海世界と砂漠に囲まれたアラブ世界を繋ぎ、長い間、アラブ世界の交易でも大きな役割を果たしてきた、地政学的に見ても非常に重要な位置にあります。ロシアへの天然ガス依存を減らすために計画されている、カタールとヨーロッパを繋ぐ天然ガスのパイプライン計画もシリア国内を通らざるを得ない。

また、ここ150年間にわたって、あらゆる原因でシリアを出た「シリア系」は、こんな小さな国にしては驚くほど世界各地のコミュニティに貢献してきました。有名なシリア系としては、スティーブ・ジョブズやアルゼンチンの元大統領、カルロス・メネムなどがいます。

もちろん、まずは長い内戦を終わらせ、シリア市民が国の再建を始められるようにすることが何よりも重要ですが、そのように戦略的な価値を持つシリアとの関係を重視することは、将来、様々な意味で日本の国益にも繋がるのではないかと考えています。

(取材・文/川喜田 研 撮影/保高幸子)

●ナジーブ・エルカシュ
1973年、シリア・ダマスカス生まれ。ベイルート、ロンドン留学を経て、1997年に来日し名古屋大学・東京大学で映画理論を学ぶ。現在、「リサーラ・メディア」、そして「アラブ・アジア・ネットワーク」の代表として、日本やアジアの情報をアラブ各国に向けて発信している


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017