週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 女優・有森也実が4時間を超える“怪作”で晒した裸の演技「終わった後、女優を辞めようと思いました」

ニュース

女優・有森也実が4時間を超える“怪作”で晒した裸の演技「終わった後、女優を辞めようと思いました」

[2017年05月12日]

KA5A9873

―ある意味、自分自身にダメ出しをされているような気分に…。

有森 まぁ、それが監督の特徴だし、よさでもあるんですけどね。今ここで生まれてくるものの面白さっていうのをひたすら待つみたいな。だからこういう映画ができたんだと思うし。自分と向き合う時間というのは、やっぱり必要だったなって今では感謝してます。

…してますけど、もう本当に撮影の時は「じゃあ、ミスキャストじゃん!!」みたいな(笑)。「私じゃなくていいんじゃない?」って、そこまで追い込まれましたね。

―体当たりな演技もさることながら、精神的なキツさがすごかった、と。

有森 精神的な、自分と向き合う辛さ…。もちろん役作りって、自分と向き合う作業なんだけれども、最終的にはどこかで仮面をつけるんですよ。その役の衣装着て「守られてる自分」っていうのが…だから表現ができるんです。今回の場合は役としてじゃなく、私の表現だから。どこにも隠れ蓑(みの)がなくて、すべての自分を否定されているような感じだった。

―では、テイクを重ねる上で、監督から「こうやってくれ」みたいな指示は?

有森 言ってくれる時もあるし、よくわからないけど「もう1回」ってこともあって。「劇的に演じないでくれ」「熱演しないでくれ」っていうのはよく言われました。淡々と「涙とかいらないから。そういう表現じゃないから」って。

―盛っていく芝居ではなく、引いていく感じでしょうか…。そんな大変な撮影の中で、どこかに救いはあったんですか?

有森 ロケ地の指宿(いぶすき)に救われましたね。あと自然。風がふっと吹いたり、波の音がざーっと聞こえてきたり…。それは自分が表したいと思っていることの全てだったりして。だから、自然が助けてくれましたね。たくさん。

―自分が表したいこと全て、とは…。

有森 辛さだったり、切なさだったり、エネルギーだったり。書割りに囲まれてないでしょ、人間って。だからその自然の中に自分と梓っていう人間を置いてみて…撮影中でも「あ、この波の音を感じられた」って、そういう感じ(笑)。「こうやって、人って生きていくんだな」っていうふうに思えたんですよ。

―これはもう、とんでもなく「人生のターニングポイント」にならざるを得ない作品になったんですね。

有森 そうですね。本当に大事な映画です。

◆後編⇒『東京ラブストーリー』から今、有森也実が語る後悔と解放「女の幸せも味わってみたかったな…」

(構成/篠本634[short cut] 撮影/五十嵐和博)

KA5A9971

●有森也実(ありもり・なりみ)
神奈川県横浜市出身。雑誌モデルとして活躍後、86年に映画『キネマの天地』のヒロイン役で注目されると、91年には大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』での関口さとみ役でブレイク。その後も幅広いジャンルで活躍する。主な作品に映画『新・仁義の墓場』ほか、舞台は井上ひさし作『頭痛肩こり樋口一葉』や最近では『あずみ~戦国編~』など。片嶋一貴監督作品には『小森生活向上クラブ』『たとえば檸檬』『TAP完全なる飼育』と3本続けて出演

●『いぬむこいり』
5月13日より、新宿K’s cinemaほか全国順次公開! 詳しくは公式HPにて http://dogsugar.co.jp/inumuko.html

いぬむこいり/ポスタービジュアル


馬場ふみかカレンダーブック2018 予約受付中!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • August 7th, 2017
  • No.33 Aug 14th 2017
  • No.32 Aug 7th 2017
  • No.31 Jul 31st 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】わちみなみ、Hカップ現役JDアイドル

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017

メルマガ会員&アンケート 2017年No.34&35