週プレNEWS TOP ニュース スポーツ オヤジ頑張る! Jリーグでアラフォーのレジェンドたちが見せる輝き

ニュース

オヤジ頑張る! Jリーグでアラフォーのレジェンドたちが見せる輝き

[2017年05月13日]

39歳となる今季もその左足から放たれるFKが健在の中村俊輔

15歳・久保健英(FC東京)のJリーグデビューなど、若手に注目が集まっている今シーズンだが、ベテラン選手の活躍も例年以上に目立っている。

例えば前人未踏の50歳Jリーガー、カズこと三浦知良(横浜FC)が自身の持つJリーグ最年長得点記録を50歳と14日に塗り替えた偉業(3月12日のJ2第3節)が、国内のみならず世界中のメディアから絶賛されたことは記憶に新しいところだ。

その一方で、カズのようなアラフィフには及ばないまでも、40歳手前のアラフォー世代も負けていない。その筆頭株が、今シーズンから長年プレーした横浜F・マリノスを離れてジュビロ磐田に新天地を求めた中村俊輔、38歳である。

第10節を終えた段階で、俊輔は9試合にスタメン出場し、2ゴールをマーク。自身のトレードマークともなっているフリーキックも健在で、第3節の大宮戦では先制点となるゴールを決めてチームの今シーズン初勝利に貢献したばかりか、自身の持つ直接FKによるJ1最多得点記録を23に更新している。

さらに圧巻だったのは、第8節の王者・鹿島アントラーズ戦のスーパーゴールだ。相手クリアからのルーズボールを約20メートルの距離から得意の左足で放った弾丸ミドルシュートは、早くも今シーズンのベストゴール候補とも言われるほどのビューティフルゴール。来月24日で39歳になるとは、とても思えない鋭い一発だった。

ここまでの俊輔はこれらのゴール以外にも随所にベテランらしい頭脳的なプレーを見せており、若手が多いジュビロをけん引。その効果もあって、開幕前には多くの専門家が残留争いを強いられると予想されていた磐田だが、リーグ中位をキープしている。

地元サポーターも、かつて日本代表の10番を背負ってワールドカップに2度出場しているレジェンドが自分たちのチームの10番を背負っているとあって、俊輔の一挙手一投足に熱狂。ユニフォームの売れ行きも絶好調で、俊輔効果はビジネス的にも好影響を与えているようだ。

第8節、その俊輔の活躍で黒星を喫した鹿島でも、ふたりのアラフォーが元気にプレーしている。1998年に同期入団した小笠原満男と曽ヶ端準(ひとし)だ。

現在38歳のキャプテン小笠原と8月2日に38歳を迎える曽ヶ端は、かつてワールドカップにも出場した元日本代表プレーヤー。小笠原は1シーズン(2006-2007)だけイタリア・セリエAのメッシーナでプレーした経験があるものの、それ以外は曽ヶ端とともに鹿島ひと筋を貫く、いわゆるバンディエラ(移籍することなく、同じチームでプレーし続けるシンボル的存在。イタリア語の「旗頭」「旗手」)だ。

第7節のベガルタ仙台戦ではふたりが揃ってスタメン出場を果たし、J1での通算500試合出場という偉業を達成。現在、J1通算出場数の1位は今シーズンJ2の名古屋グランパスの元日本代表GK楢崎正剛(631試合)だが、通算19冠を誇る鹿島で500試合を達成したふたりは、大いに称賛されるべきだろう。

今シーズンは韓国代表GKのクォン・スンテが加入したことで、曽ヶ端のリーグ戦出場数は3試合にとどまっているが、小笠原はここまで8試合にスタメン出場。どの試合でも安定したパフォーマンスと絶対的なキャプテンシーでチームをけん引しており、まだまだ出場記録は伸びそうだ。


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017
    • No.36 Sep 4th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.39&40