週プレNEWS TOP 連載コラム こんな会社で働きたい! 大企業には真似できない? 障がい者も外国人も活かされる人気中古タイヤショップチェーンの職場力

連載コラム

大企業には真似できない? 障がい者も外国人も活かされる人気中古タイヤショップチェーンの職場力

[2017年05月14日]

アップライジング宇都宮本店。近隣にある競合店とも「WIN-WINの関係をつくるように心掛けている」(斎藤社長)

ここまで3回に渡って取り上げてきた宇都宮市の中古タイヤショップチェーン、アップライジングの数々の“ホワイト”な取り組み。そこには、本連載のタイトルでもある「こんな会社で働きたい!」と感じる要素がいくつもあった。

例えば、接客にウソがないこと。大手企業から同社に転職した岩田工さんは「この会社はタイヤの減りが心配な客には『まだ履けます』と正直に伝えてまるっきり商売っ気がない。だからお客様は喜び、社員はウソの営業トークがいらないから気持ちよく仕事ができる」と話した(第2回『人気中古タイヤ店の売らない精神とは?』参照)。

同社は社会貢献活動にも積極的だ。栃木県内すべての児童養護施設に関わり、物資や遊具の差し入れはもちろん、希望があれば就労まで受け入れる。親からのDVに苦しみ、児童養護施設で9年間を過ごした過去を持つ社員Aさんに“父親を許す”勇気を与えたエピソードは特に印象的だった(第3回『アップライジングが実践する社会貢献の本質』参照)。

さらに今、斎藤幸一社長がどうしても関わらなければならないと肝に銘じているのが、障がいを持つ人たちとの付き合いだ。

大手企業の場合、雇用するのは肢体不自由者や視覚障がい者など頭脳明晰な人を雇う傾向が強いが、アップライジング宇都宮店には知的障害と片目の視覚障害を持つ重複障がい者、1級の精神障がい者、発達障がい者などがいる。いずれも普通の企業では採用が難しいが受け入れた。

「僕はその人ができることが絶対にあると思います。片目が見えない人にはまず店舗の掃除をしてもらいました。でも距離感がないから、いろいろなものを落とすんです。それで、タイヤ交換やアルミ交換をやらせてみましたが…これもダメでした。

どうしようかと行き詰りましたが、いやいや絶対にその才能を活かせる仕事があるはずだと諦めませんでした。そこで輸出用のタイヤの仕分けをやらせてみたところ、これがうまくいったんです。すぐに種類やサイズを覚えて、実にテキパキと作業してくれるんです。やっと見つけたと」(斎藤社長)

会社設立時からのスタッフ・増山健太課長(32)も入社するまでは障がい者と接したことがなかった。そのため「ウチは接客業だけど、障がい者は大丈夫かな、ちゃんと働けるかな」との思いがあった。だが今は違う。

「精神障がい者は3級でギリギリ、社員同士やお客様と意志伝達ができると言われていますが、ウチで働くのは1級ですから不安はありました。でも、例えば缶の中に鉛やアルミのクズがたまると、とてもきれいに片づけてくれる。一緒に働くと、仕事を特化しさえすればこちらの声掛け次第で自分たち健常者以上に働くことを知りました」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017