週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 大関昇進に挑む高安が語った、尊敬する兄弟子・稀勢の里への「感謝」

ニュース

大関昇進に挑む高安が語った、尊敬する兄弟子・稀勢の里への「感謝」

[2017年05月19日]

11年にこの世を去った先代師匠・隆の里は、幕内力士にも妥協を許さず厳しい指導を続けてきた。それに真摯(しんし)に向き合ってきた兄弟子の姿を見てきた高安は「厳しい稽古に耐えて精進してきた、稀勢の里関を本当に尊敬します」と何度も繰り返してきた。

その背中を追いかけ、10年の九州場所で新十両、11年の名古屋場所で新入幕、13年の秋場所には新三役昇進を果たすなど、平成生まれの力士たちを牽引(けんいん)する存在になった。

出世の裏側には、稀勢の里の支えがあった。稽古場では数え切れないほど胸を貸してくれ、土俵を離れれば兄弟弟子の壁を取り払い、分け隔てなく接してくれた。

高安が初めて大関取りに挑戦した昨年11月の九州場所では「気持ちが浮足立ってしまった」と、まさかの負け越しを喫したが、そんな苦い思いを打ち消してくれたのも稀勢の里だった。初優勝を成し遂げた直後、横綱昇進を決めた際に「次は高安を大関に上げるのも仕事」と会見で明かしている。

偉大な兄弟子への感謝の気持ちを表すには、大関昇進しかない。「次こそ自分が目立つんだという強い意識を持ってやりたい」と闘志をむき出しに、高安は土俵に上がり続ける。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018