週プレNEWS TOP ニュース ビジネス 「なんだこれ!?」と評判のフリー素材サイト『ぱくたそ』が人気の秘密

ニュース

「なんだこれ!?」と評判のフリー素材サイト『ぱくたそ』が人気の秘密

[2017年05月24日]

フリー写真素材サイト「ぱくたそ」の広報兼モデルの大川氏

「ぱくたそ」というフリー写真素材サイトがあるのをご存知だろうか。「使って楽しい、見て楽しい」というキャッチコピーを軸に、一風変わった写真を多く公開している。

サイトを覗いてみると、綺麗な写真がたくさんある中にちらほら変わった写真や不思議なキャプション。そしてこの写真、どこかで見覚えが…? 

そこで今、じわじわと話題になっているこのサイトを直撃、広報兼モデルの大川竜弥さんに話を聞いた。

* * *

―そもそも、ぱくたそってどんなサイトなんですか?

大川 2011年の5月に管理人の“すしぱく”さんが始めたフリーの写真素材サイトで、今年で7年目になります。他のサイトのように「風景」や「花」といった使いやすいフリー素材はもちろんですが、それとは真逆の「こんな写真もあるの?」「いつ使えばいいの?」というような素材も定期的に載せています。

そうすることで、多くの人に「あそこは変わっている」「面白い」と思っていただければと。おかげさまで、昨年12月には単月約400万ページビューを記録しました。最近だと星野源さん風の恋ダンスっぽい画像や、生産休止が発表されたピザポテトを皿に持った画像を載せたりしています(笑)。

―確かに他とは一線を画していて目に付きますが、いつからこんな写真を提供しだしたんですか?

大川 サイトが始まって1年ほど経った2012年以降ですね。当初はごく普通の写真のみを配布していたんですが、何か変わったことができないかなと思って、使う方にとって使いやすいのはもちろん、それ以外の方にも見るだけで楽しめるようなものにできればと思い、変わった写真を載せるなど今の方向性になりました。

―いわゆる綺麗な写真を扱うのが一般的なイメージですが、そこに面白さの要素を入れ込むのはなかなか勇気がいりそう…! 写真を説明するキャプションも独特ですよね。

大川 素材のテーマに関しては、管理人のすしぱくさんの案だけではなくモデル発案の企画もあります。「誰が考える」と特に決まっているわけではないんですよ。

キャプションはサイトが始まった当初からあって、本来の「使う用途をイメージしやすくするため」のものだったんですが、そこにプラスαでユーモアのあるものをつけ始めたんです。ただ単に写真を載せておくより、「bokete」(投稿者がお題として出される写真にひと言コメントをつけられるバラエティサイト)みたいなイメージで写真と言葉の組み合わせでクスッと笑わせられないかなと(笑)。

また、それによるSNSでの拡散狙いもありますね。僕が写ってる素材写真のキャプションは大体自分でつけてるんですけど、イチオシはこれです。ゾンビだから“腐乱”というのと雑貨屋さんのフランフランをかけています!

ぱくたそ3


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!