週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 菅官房長官の発言は失敗を隠すための強弁?「Jアラート」無用論の深層

ニュース

菅官房長官の発言は失敗を隠すための強弁?「Jアラート」無用論の深層

[2017年05月26日]

年々進化しているというJアラートだが、現状は悪天候で雲が厚いだけで反応しないともいわれるだけに…

5月14日に北朝鮮が中距離弾道ミサイル「火星12号」を発射した際、Jアラート(全国瞬時警報システム)は発動しなかった。その理由について、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は「日本に飛来しないと判断し、Jアラートは使わなかった」と言っているのだがーー。

この発表について、防衛省担当記者がこう苦笑する。

「菅氏の言葉をうのみにはできません。Jアラートの精度は高くない。ミサイルの落下地点予測に手間取り、内閣官房がアラート発令ボタンを押すタイミングを逃していた可能性もあります。その不手際を隠すため、『飛来しないとわかったから、Jアラートを鳴らさなかった』と強弁しているのかもしれません」

確かに、これまで北朝鮮からのミサイルへの警戒を呼びかけるJアラートは2度しか鳴っていない。12年12月、16年2月のテポドン2発射時だ。この防衛省担当記者が続ける。

「いずれも北朝鮮が事前にミサイル発射を通告しており、イージス艦などで監視態勢を強化していたため、12年は発射6分後、16年は発射4分後にJアラートを発令できただけのこと。予告なしに撃たれた場合、Jアラートは一度も作動していません。航行船舶などへの注意喚起もミサイル落下後というまぬけなケースが目立ちます」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20