週プレNEWS TOP ニュース アイドル 女芸人からグラドルへ転身したらお姫様扱い?「なんて乳首を大事にしてくれるんだ…!」って

ニュース

女芸人からグラドルへ転身したらお姫様扱い?「なんて乳首を大事にしてくれるんだ…!」って

[2017年06月12日]

お笑いコンビ「魔女っこ」(2013年に解散)で過激なネタを披露していた伊藤しほ乃(右)と、現在も正統派漫才を追求するお笑いコンビ「ばーん」の高田千尋

馬場ふみか、久松郁実、泉里香など現役トップモデルで、かつグラビアでもブレイクしている女のコが“モグラ女子”と呼ばれ、世間でも話題となっているが、その芸人バージョンで“ゲグラ女子”とでも呼ぶべき?“お笑い発”のグラビアアイドルがいる。

まずは、週プレのグラビアでもお馴染み、お笑いコンビ「魔女っこ」(2013年に解散)として活躍し、露出度の高い衣装で過激なネタを披露していた伊藤しほ乃。そして、お笑いコンビ「ばーん」の高田千尋。現在も正統派漫才を追求し続ける一方で、30歳にして突如グラドル活動を始めた。

そんなふたりに、お笑い気質を持ったグラドルとしてのプライドや収録現場でのハプニングなど、芸人ゆえの珍エピソードを根掘り葉掘り聞いちゃいました!

-まずは芸人になったきっかけを教えてください!

高田 小さい頃からお笑いが大好きで、相方とは保育園から高校まで一緒の幼馴染なんですけど、一緒に遊ぶ時は『志村けんのバカ殿様』を観たり、地方ゆえに深夜枠だった『ボキャブラ天国』の録画VHSを交換し合ったりしていましたね。一緒に関東の大学に進学してからは、お笑いライブに出るようになって。その時、ちょうど太田プロで女芸人を募集していて、19歳の時に一緒に事務所に入りました。

伊藤 私もお笑いがずっと好きで、小学校から「かぼす」ってコンビを同級生と組んで、給食の前とかにギャグをやってて(笑)。でもそのコはもちろん芸人になるつもりはなくて、必然的に解散になって…。この世界に入ったきっかけは、18歳の時に原宿で芸能事務所にスカウトされたんです。お笑いをやりたいって言ったら、事務所にひとりだけ相方を探してるコがいたので「魔女っこ」を結成しました。

-活動時期はかぶってますよね。当時から顔見知りだったり?

高田 ライブハウスの大部屋で一緒だったことはあるかもしれないけど…。

伊藤 喋るのは初めてですよね!

-当時の芸風は?

高田 正統派漫才めざして頑張ってましたね。当時は若くて尖(とが)ってたし、女で評価されてると思われるのがイヤで、もうサラシ巻いて色気のないTシャツ着て、オンナ要素はゼロでやっていました。

それに「脚を出してんじゃねーよ!」とか「化粧してリハーサルくんな」とか小うるさいこと言ってくる男芸人が結構いるんですよ。まあ、そういう芸人は大体、売れてないですけど(笑)。そういう時代でしたね。

伊藤 それ、カッコいいですよね。私たちはセクシー系の衣装でやってて、オーディションを受けては落ちまくってたんですけど、あるプロデューサーに「オッパイのネタがあればそういう枠があるのに」と言われて「すぐに書きかえます!」って(笑)。それから6年間、オッパイネタしかやってないですね。

高田 いや、そこは早めにセクシー路線に切り替えて賢いよ! 芸人は「女を捨てろ」って言われるけど、森山中さんやハリセンボンさんみたいに体を張った、女芸人から見てカッコイイ女芸人の形もあれば、うちらみたいに女を捨てようとしても痛々しいケースもあって。そういう場合は、早めに色気を出したほうがいいかな~って思うようになりました。女芸人あるあるですけど…。

pb_0031


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20