週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 低迷していた『朝ドラ』が復活できたのはなぜ? 「半世紀前にスタンダードは確立されていた」

連載コラム

低迷していた『朝ドラ』が復活できたのはなぜ? 「半世紀前にスタンダードは確立されていた」

[2017年06月13日]

「毎朝、天気予報や占いを見るのに近いかもしれません。日本人の生活習慣の一部に朝ドラは組み込まれているんです」と語る木俣冬氏

一時期、低迷していた朝ドラはなぜ復活できたか? 名作の魅力を再発見し、“お茶の間”を分析する!

ドラマやアニメ、書籍のレビューサイト『エキレビ!』。この人気サイトでトップクラスのアクセスランキングを誇るのが、フリーライター・木俣冬(きまた・ふゆ)氏の朝ドラ(NHK連続テレビドラマシリーズ)レビューだ。

放送翌日の朝(土曜日分は月曜日の朝)に更新され、物語の背景、キャラ分析、小ネタなどが縦横無尽に語られ、ドラマの魅力が伝わってくる。そんな朝ドラ評論の第一人者、木俣氏の新刊が『みんなの朝ドラ』。低迷期が続いた朝ドラが2010年代に入って復活した理由が明かされる。木俣氏に聞いた。

* * *

―そもそも、朝ドラにはどういう魅力があると思いますか?

木俣 毎朝15分という短い時間で見られるというのが最大の利点だと思います。NHKの方も「視聴習慣」とよくいわれるんですが、朝起きてなんとなくテレビをつけてコーヒーを飲んだりしますよね。毎朝、天気予報や占いを見るのに近いかもしれません。毎朝1時間だと厳しいけど15分ですから(笑)。1日の始まりとして日本人の生活習慣の一部に組み込まれているのかもしれませんね。

―木俣さんが朝ドラにハマったきっかけは?

木俣 ご多分に漏れず、13年度上半期の『あまちゃん』です。仕事柄、それ以前も朝ドラ自体はチェックしていましたが、リアルタイムで毎朝見るようになったのはそこからですね。

―どこに惹かれましたか?

木俣 まず、宮藤官九郎さんの脚本だったこと。初回を見たら、主人公の天野アキを演じる能年玲奈(現・のん)さんも素晴らしくて、私の中の朝ドラのイメージが覆(くつがえ)されたんです。それで、その日のうちに『エキレビ!』でレビューを書かせてほしいとお願いしました。

―反響はいかがでしたか?

木俣 予想をはるかに超えるビュアー数でした。反響の大きさにただただびっくりしました。特にネットとの親和性は高かったですね。毎朝、SNSで大きな話題になっていました。

―ヒロインや登場人物を描いた「あま絵」もツイッターなどで拡散されていました。

木俣 海女(あま)、アイドルを目指す“地味で暗くて向上心も協調性も存在感も個性も華もないヒロイン”をみんなが応援していた。それに東日本大震災がどう描かれるのかということも注目を浴びましたね。「頑張れ」「死なないで」「逃げ切れ」と、祈りのような気持ちで画面に向かっていました。まさに時代を映す鏡のような作品でした。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017