週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 支持率が低下する「都民ファーストの会」候補者たちの心もとなさすぎる活動ぶり

ニュース

支持率が低下する「都民ファーストの会」候補者たちの心もとなさすぎる活動ぶり

[2017年06月17日]

JR千駄ケ谷駅前で街頭演説する龍円候補。拡声器を使うのは初めてなのか、どことなくぎこちなさも

6月1日に、自民党に離党届を提出し、都民ファーストの会(以下、都ファ)の代表に就いた小池百合子都知事。その行動に隠された背景を政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が解説する。

「はっきり言って都ファの候補者に勢いがないからです。今年の3月くらいまでは小池都知事率いる都ファが都議選で圧勝するといわれていましたが、GW明けのマスコミの世論調査では投票先の1位が自民、2位が都ファと逆転。そこで小池都知事は、自分の高い支持率を都ファの候補者に結びつけるために代表になったというわけです」

なぜ、都ファの支持率が下がったのか。

「それは都ファの候補者の多くが新人で知名度がない上に、選挙活動を仕切るスタッフが少なく、活動量が圧倒的に足りないからでしょう。街頭演説で、どこに何時に立てばいいのか、何を持って、何を話せば効果的なのか…といったノウハウを指南するスタッフが足りていないのが現状です」(鈴木氏)

そこで、都ファの候補者は、実際、どんな活動ぶりなのか。元テレビ朝日アナウンサーの龍円(りゅうえん)あいり候補(渋谷区)の活動現場に向かった。

6月7日、午前8時前。JR千駄ケ谷駅前で「おはようございまーす」と声をかけながら、改札から出てくる人や行き交う人たちにチラシを渡していた龍円候補。しかし、そのチラシを手に取る人は、ごくごくわずかで、「疲れた~」と小声でつぶやく姿は気の毒なほど。

この日は、龍円候補がチラシを配り、都ファのおときた駿(しゅん)都議が拡声器で応援演説をしていたが、8時半になるとおときた氏の演説が終了。その後を龍円候補が引き継ぐことになったのだが、予定外だったのか「私、やったことないよ…」とこぼす始末。

それでも、さすが元アナウンサー。「龍円あいりと申します。今、JR千駄ケ谷駅におじゃましています」と淀(よど)みなく話すが、どことなく現場レポートっぽい。その後も「拡声器の声がうるさい」と住民に怒られたり、のぼりが倒れるハプニングも。

終了後にコメントをもらおうとしたのだが、「個別取材は禁止されていて、党本部の許可がないと話せない」とスタッフからあえなくNG。勝手に話すとボロが出るからだろうか? でも帰り際には満面の笑みで「お疲れさまです」とあいさつしてくれた。

次に平けいしょう候補(板橋区)の事務所に行ってみたが、室内は真っ暗でドアは閉められていた。選挙戦間近のこの時期に留守番する人がいなくて大丈夫?

いよいよ佳境を迎える選挙活動だが、スタッフの人材確保が目下のところ最重要課題かもしれない。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!