週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 巨人・由伸監督が早くも辞意?…関係者内で噂される低迷の本当の理由

ニュース

巨人・由伸監督が早くも辞意?…関係者内で噂される低迷の本当の理由

[2017年06月19日]

球団ワーストの13連敗という不名誉な記録に巨人の雰囲気も重い

球界の盟主に激震だ。

新GMの下、チーム再建を図ることになった巨人だがここにきて高橋由伸監督の去就にも不穏な動きが…。

■「ついに由伸がケツをまくるらしい」の真意

球団ワーストとなる屈辱の13連敗を喫したジャイアンツ。

これを受けて、6月13日には堤辰佳(つつみ・たつよし)GMが事実上の“解任”。鹿取義隆(かとり・よしたか)GM特別補佐がGMに昇格するなど、ひとまずは体制を一新し、チーム再建を目指すこととなった。

だが、球界関係者からは、こんなきなくさい話も聞こえてくる。

『ついに由伸がケツをまくるらしい』という話で持ち切りなんです。巨人では毎年、オールスター休みに監督がオーナーにシーズン前半戦の報告をすることが恒例となっていますが、その席で高橋由伸監督が今季限りでの辞意、もしくは辞意含みの進退伺を出す決意を固めたともっぱらの噂なんです」

高橋監督は今季、3年契約の2年目。13連敗があったとはいえ、責任を取るには、あまりにも早すぎないか。某テレビ局関係者が言う。

「『チーム低迷の責任』はあくまで表向きの理由にすぎません。実のところ、もう監督を続けることに嫌気が差しているんです。ハッキリ言ってしまえば、親会社やグループ内からの“横やり”にブチ切れているんですよ」

どういうことなのか?


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!