週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第150回「アフリカのサファリで動物に見飽きた人間がとった行動とは?」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第150回「アフリカのサファリで動物に見飽きた人間がとった行動とは?」

[2017年07月06日]

サファリでアフリカゾウを間近で拝むマリーシャ

いよいよアフリカの旅のハイライトともいえる、タンザニアのサファリ「ンゴロンゴロ保全地域」と「セレンゲティ国立公園」へ。

2泊3日でお世話になる現地のドライバー兼ガイドさんとコックさん、それからノリの良いチリ人とスペイン人のツアーメイトとともに、サファリカーに乗り込んだ。

サファリの5大動物、『ビッグ5』(ゾウ、ライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ)に会えますように! ワクワク…。

息ピッタリのツアーメイトとセルフィー! 奥にサファリカー

息ピッタリのツアーメイトとセルフィー! 奥にサファリカー

さて、まずは「ンゴロンゴロ保全地域」に到着。

ここには火山の大噴火によってできた直径20km、深さ600mのクレーターがあり、その中には2万5千頭もの野性動物が周囲と遮断され完結した生態系を作っているんだって。

クレーターを外輪のビューポイントから見下ろすと、そこは想像を超える巨大さで、広すぎるサバンナに自分のちっぽけさを感じる。

「豆粒サイズの黒い点はヌーの群れかしら?」。早く間近で見たくてソワソワしていると、「クレーターに入るのは最終日のお楽しみ! 先を急ぐぞ!」とおあずけされた。

ちなみに「ン」から始まるしりとりに役立ちそうな「ンゴロンゴロ」という名前、これはマサイ語で「巨大な穴」って意味なんだって。なるほど。

巨大すぎてカメラに納まりきらない「大きな穴」ンゴロンゴロをビューポイント(標高2400m)から見下ろす

巨大すぎてカメラに納まりきらない「大きな穴」ンゴロンゴロをビューポイント(標高2400m)から見下ろす

ンゴロンゴロの地域内にはマサイ族の村もあり、ガイドさんに「寄るかい?」と聞かれたが、ツアーメイトの答えは意外にも全員一致でNO。

「今は1秒でも早くサファリの動物たちに会いたい!」。誰もがそんな思いだったのだろう(今思えば寄ればよかったとちょっと後悔。でもその時の気持ち、大事!)

そんな最中、ついに! 最初に現れたのは「麒麟です」!…じゃなくてキリンです! きゃ~ん☆ 遠くのほうで首を長~くして歩いているキリンを見つけてテンションブチアゲ! なんのためにあるのかわからない独特なツノと、茶色くいびつなドット柄に「萌え」なんですけど~♪

すかさずカメラを構えキリンを狙うと、サササーッっとどこからともなくマサイ族が現れた! そしてサファリカーの目の前にきれいに列を作って並んじゃった!

観光客の撮影チップは彼らの収入源にもなっているため、写真に撮られようと集まってきたのです。「あ…ごめん。今撮りたいのは貴方たちではなく、キリンです…」。素朴すぎる彼らがキュートに思えたが、今はちょっとキリンに集中させて(笑)。

マリーシャ150-5

「麒麟です」じゃなくてキリンです

マリーシャ150-6

写真を撮ってくれとキレイに整列するマサイ族

写真を撮ってくれとキレイに整列するマサイ族


馬場ふみかカレンダーブック2018 予約受付中!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • August 7th, 2017
  • No.33 Aug 14th 2017
  • No.32 Aug 7th 2017
  • No.31 Jul 31st 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】わちみなみ、Hカップ現役JDアイドル

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017

メルマガ会員&アンケート 2017年No.34&35