週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 不安障害に苦しんだテネリフェ・柴崎岳を支えたクラブと監督の“愛情”

ニュース

不安障害に苦しんだテネリフェ・柴崎岳を支えたクラブと監督の“愛情”

[2017年07月07日]

今年1月末の移籍直後に陥った不安障害を克服し、目覚ましい活躍を見せた柴崎。テネリフェとの再契約を含め、来季に向けた去就に注目が集まっている

テネリフェ(スペイン2部)と柴崎岳の目標であったプリメーラ(1部)昇格は、ヘタフェの前に後塵(こうじん)を拝し、あと一歩のところで水泡に帰した。きっと、テネリフェの選手たちは「あと1点を決めていたら、守れていたら」と、このオフシーズンに問い続けるのだろう。

勝負の世界に「たられば」がないことは誰もがわかっている。それでも、テネリフェの番記者である『ラジオ・マルカ』のミゲル・エルナンデスは、移籍直後に柴崎を襲った不安障害を悔やんだ。

「ガクはテネリフェの選手にはなかったキャラクターを持つ選手。悔やまれるのは移籍直後の問題だ。その問題がなければ、チームは自動昇格を果たしていたかもしれない」

昇格プレーオフの4試合中3試合で、チームの得点に絡むパフォーマンスを見せた柴崎を見ると、本当に不安障害があったのかと首をかしげたくなる。だが、彼の代理人や日本代表の関係者が柴崎の状況を確認する様子や、体調を崩したことがひと目でわかるような写真があったことは紛れもない事実だ。

以降、チームは柴崎の適応を最優先に、日本人MFが落ち着いてサッカーに集中できるよう、メディアから遠ざける決断をする。しかしその決断は、テネリフェの選手としてデビューしたレウス戦で対応がなかったことから、「過保護すぎるのでは」とスペインメディアがクラブの姿勢を疑問視したこともあった。

とはいえ、クラブ関係者は柴崎を特別待遇したとは考えていない。足を故障した選手に手術を勧め、風邪をひいた選手が薬を飲み自宅で療養するのと同様に、一日も早くチームの戦力として復帰させるための処置と考えてのものだった。

広報のハビエル・アルマスは「大事なのは、選手本人が落ち着いた状況にあることだった。記者は日本人だけでなくスペイン人もいる。選手がどのメディアに対しても平等に話すことを、自分たちは優先した」とふり返る。その言葉どおり、不安障害を克服してからは、柴崎が主役となった試合ではメディアの前に姿を見せていた。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018