週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 絶滅寸前の“大人の自販機”を探してわかった人間の温もり 「誰かが語りかけてきているんです」

ニュース

絶滅寸前の“大人の自販機”を探してわかった人間の温もり 「誰かが語りかけてきているんです」

[2017年07月07日]

懐かしきエロ本自販機は、今も田舎の片隅に残る

DVDやインターネットの普及により、衰退している成人向け雑誌。特に「今だにあったのか!?」と驚くのが『エロ本自販機』だ。

その名の通り、いわゆるエロ本を売っている自動販売機だが、20代以下の読者には知らない人もいるのではないだろうか。そんな中、上梓されたのが『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』だ。

本書では今なお全国各地に現存する350以上のエロ本自販機を紹介。さらに、その歴史や業者のインタビューまで掲載した320ページにも及ぶ大作だ。

著者の黒沢哲哉氏は、昭和の名残(なごり)であるそのレトロな自販機をこれだけ探し出せたのは「今だけだったはず」と振り返る。

「エロ本自販機自体は規制され、すでに存在していない地域もあります。もう増えることはなく、今、生き残っているものもどんどんなくなっていきます。ネットが発達したからこそ探し出せたんだと思います。ちょうどその交差点が今だったと思うんですよ。もう少し前でも後でも、これだけの数は見つからなかったはずです」

黒沢氏はこれらほぼ全てをネットの情報で、特にそのほとんどをグーグルマップで調べたという。その存在をネットで調べ、ストリートビューで道一本一本を少しずつ進んで確認。もしくは、この辺ならとあたりをつけ、同じ作業を繰り返す。ネットのサービスがこれだけ発展したからできたことだ。

「現地の人に聞くことがあるんですけど、それで見つかった自販機は1台もないんですよ。ガセなのか、昔の記憶なのか。そもそも車で素通りしただけではわからないものですからね。足で探していたら絶対見つからない」

「素通りしただけでは見つからない」とはどういうことなのか…? それはエロ本自販機が想像以上に特殊なものだからだ。

「まず自販機が『ビデオ・DVD』などの看板が貼ってあるトタン小屋のようなところにあるんですよ。それが道端にポツンとあるだけなので、普通に走らせているだけだと『何かあったな』くらいにしか気づかないんです」

広い駐車場でもあれば、まだわかりやすい。しかし例えば、農地のそばにあると、素人目には農機具を入れておく納屋にしか見えないこともある。ただ、それもまだ初級編だ。それ以上に困難なことは多々あるんだそう。

「小屋がまともに建ってるならいいほうで、屋根が落ちていたり、崩れかかっている廃墟みたいなものも普通にあります。看板自体ない場合もありますし。それから道端といっても、開けておらず草木が生い茂って一方の道からは見えないなんてこともありますから」

建物が崩壊し、廃墟のように見えるが、中には自販機が

建物が崩壊し、廃墟のように見えるが、中には自販機が

それでもこれだけ探し出すと自販機小屋がどこにあるのか、ある程度パターンを発見したという。

「ひとつは街の終わりですね。幹線道路から枝状に延びて他の幹線道路に続く道にあるんですよ。業者がここのためだけに200キロ往復するのは効率悪いなど、配送ルートを予測すると分布図が見えてくるんです」

他には「車の通りは頻繁(ひんぱん)なのに、一般的な店は営業しにくい場所」だ。火葬場や清掃工場などがそれにあたる。また、崖下や傾斜地なども定番だとか。

「エロ本自販機は実は弱者なんですよ。設置してあるのは、山の中腹や川の側など災害に弱い場所ばかり。逆にいえば、今はもうそうしたところにしか置けないということなんです。街中に昔は堂々とあったのに…」


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.41 Oct 9th 2017
    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.41