週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 市川紗椰がふり返る「自意識過剰で恥ずかしい」アメリカ卒業シーズンの思い出

ニュース

市川紗椰がふり返る「自意識過剰で恥ずかしい」アメリカ卒業シーズンの思い出

[2017年07月12日]

NEW

昨春、メインパーソナリティを務めていた番組を卒業する際に、アイドルのつりビットちゃんたちと撮ってもらった写真です

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。

報道情報番組『ユアタイム』(フジテレビ系)ではメインMCを務める人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。

今回は、アメリカで子供時代を過ごした彼女が、卒業シーズンのちょっと恥ずかしい思い出を告白してくれた。

* * *

皆さんは、「始まりの季節」と聞いて何月を思い浮かべますか? たいていの日本人は4月と答えると思いますが、私にとって始まりの季節は秋。私の育ったアメリカでは、入学や入社は秋に行なわれるのが普通だからです。私も小学校から大学まで、すべて秋に入学しました。そして、秋が始まりの季節なら、ちょうど今の6月が卒業シーズンに当たります。

ちなみに、私が「14歳のときに日本に来た」と言うと、「じゃあ中学の途中でこっちに来たの?」とよく聞かれます。でも、実際はちょうど中学を卒業したタイミングでこちらに来て、そのまま日本のインターナショナルスクールに入学したんですよ。日本では小学校は6年、中・高はそれぞれ3年が普通ですよね。だけど、アメリカは「5・3・4制」が主流なので、日本で中学2年生に当たる年にみんな中学を卒業するんです。

ただ、日本の学校とは卒業・入学シーズンが異なる上に、2月生まれの私は日本でいうところの“早生まれ”。昔の話をするとき、どう言えば学年と年齢の関係が正確に伝えられるのか、いまだにわかりません(苦笑)。

さて、アメリカ式の卒業式でよく知られているのが、「Hat Toss(ハット・トス)」、つまり帽子投げです。ハリウッド映画では、黒いマントと四角い帽子をかぶった卒業生たちが、一斉に帽子を投げるシーンが出てきますよね。大学の卒業式が有名ですが、高校でもあれが行なわれます。

ただし、その日しかしない格好なので、帽子もマントも使い捨てのペラペラな素材。しかも、みんな初めてやることだから、投げた後にどうやって自分の帽子を回収すればいいかわからないんですよ(苦笑)。他人が投げたものがバンバン頭に落ちてきたりもするし。映画では、空高く放り投げたところでカッコよく終わったりしますが、あの続きもちゃんと教えてほしいですね。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017
  • No.45 Nov 6th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48