週プレNEWS TOP ニュース ビジネス 事前受注は2万9千台突破! プリウスの「顔」が苦手な客がC-HRに流れている

ニュース

事前受注は2万9千台突破! プリウスの「顔」が苦手な客がC-HRに流れている

[2017年07月25日]

NEW

C-HRは2017年上半期(1~6月)SUV新車販売台数1位。ダイヤモンドをモチーフに絞り込んだ外観が特徴

コンパクトSUV市場で男たちの熱~い視線を浴びているのが、トヨタのC-HRアウディQ2『週刊プレイボーイ32号』(7月24日発売)では、この2台を公道ガチンコ徹底比較している。

日本&世界カー・オブ・ザ・イヤー選考委員のオザワ博士と、クルマの知識は皆無のカモイ助手が、トヨタC-HRが売れに売れている理由を解説!

* * *

助手 最近、トヨタのC-HRをやたらと街中で見かけるんですけど。

博士 今、C-HRは売れに売れまくっている。去年12月に発売されたモデルだけど、事前受注は2万9千台を突破!

今年1月の新車販売ランキングこそ4位だったけど、着実に順位を上げて、4月はトヨタのプリウス、日産のノートなど、最強エコカーを蹴散らして1位に立った。しかも、SUVが新車販売でトップになったのはC-HRが史上初だからね!

助手 まさに大躍進?

博士 うん。1月から6月までの普通車の新車販売台数でも、プリウス、ノートに続いて、7万9303台を売ってC-HRは3位と大健闘! このペースで売れたら、最終的に絶対王者であるプリウスを抜くかもしれないよ!

助手 それにしても、なぜ個性の塊みたいなC-HRが売れたんでしょうか。

博士 このデザインが今の日本人にハマっている部分もあるけど、売れているキモはエコカーだからだよ。実はCHRのパワートレインは現行4代目プリウスとまったく同じ1.8リットルのハイブリッドが選べ、骨格も豊田章男社長が走りにこだわったTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)というプラットフォームでプリウスとまんま一緒。

簡単に言うと、「SUV版プリウス」がCHRの正体。実際、C-HRが1万3168台を売って新車販売台数トップに立った4月は、プリウスが前年比47・8%減の9920台と撃沈。

助手 プリウスを食った?


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!