週プレNEWS TOP ニュース アイドル 人気抜群なのに後ろ向きすぎ!? 声優・水瀬いのりにロングインタビュー「あんまり恵まれすぎて、あとは下るだけかなって…」

ニュース

人気抜群なのに後ろ向きすぎ!? 声優・水瀬いのりにロングインタビュー「あんまり恵まれすぎて、あとは下るだけかなって…」

[2017年08月02日]

オススメ

MI29T1R_3430

―そんな状態でオーディションをして、「どうして自分が?」と思いませんでした?

水瀬 思いました。まだ14歳だから、長い目で見て伸びしろがあると思われたのかなとか、コミュ障っぽいオドオドした感じが珍しかったのかなとか、(合格したと聞いてからは)いろんなことを考えました。

―その理由を聞いてみたことはあるんですか?

水瀬 マネージャーさんいわく、「他と違うものがあった」とは言われました。特にアニメのワンシーンを演じるお題の時、普段との変わり様が印象に残ったって。

―そこでは何をやったんですか?

水瀬 『さよなら絶望先生』をやりました。

―そのチョイスは絶対に珍しいですよ!

水瀬 本当に何をやったらいいのか思いつかなくて。自分の部屋にあったマンガからぱっと選んだんです。一応、女のコのキャラクターがいっぱい出ている作品なので、それを演じ分けられたら印象に残るかなとは思いましたけど…。そのあとは歌のPRもあって『WHITE ALBUM』で水樹奈々さんが声優を務めていた緒方理奈のキャラクターソングを歌わせてもらいました。ものすごく緊張していたんですけど、全力でやりきりました。

―水樹奈々さんのファンクラブに入っていたくらいの大ファンだったんですよね。

水瀬 だから、その時はオーディションに合格したいっていうよりも、「自分がどれだけこの作品を好きかってことをアピールしなくちゃ!」という思いがいっぱいで。私はガチガチのアニメオタクでしたから、アニメの話をし始めると変な方向にスイッチが入って、ものすごく饒舌になってしまうんです。それがオーディションでも出ていて。そういう時って、頭で喋っているわけじゃないんですよね。だから止まらないし、「やっちゃったなー」と思いながら帰ったのを覚えています。

■憧れの人と対面して「浄化されるかと…」

―でも、それがいい方向に作用したんですから、結果的に良かったじゃないですか。今やオーディションの曲に選んだ水樹奈々さんとも共演されて。

水瀬 自分でもまさかこんなことになるとは思っていなかったので、びっくりしています。初めて共演させていただいたのは『戦姫絶唱シンフォギア』の1期(2012年)ですけど、私は当時、モブ(女子生徒など)役だったのでご挨拶以外には特に話かけにいくことはできずで。奈々さんのライブのパンフレットをバックに入れて現場に行ったんですけどね。こっそりトイレで読みながら、「この奈々さんと一緒にいる!」ってニヤニヤしていました。

―そのあと、奈々さんとぐっと距離が縮まる出来事があったとか。

水瀬 それは3期(2015年)の時ですね。一緒に共演していた(声優の)茅野愛衣さんが奈々さんに「いのりちゃんが奈々さんのファンクラブに入っているんだって」と伝えてくださり、奈々さんも「じゃあ、もっと喋ろうよ!」とおっしゃってくださって…。その時はもう、浄化されるかと思いました。

―浄化される!?

水瀬 後光が差しているように見えて。

―ああ、神様が降臨されたっていう。

水瀬 そうです。愛衣さんも本当に優しいあこがれの方で、私からしたら後光が強いタイプなんですね。だから一気に二大後光が目の前に来て、天に召される気持ちでした。

T1R_3494


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!